春季リーグ戦 対共栄大学二回戦

更新が遅くなりまして申し訳ありません。
本日行われましたリーグ戦の結果をご報告いたします。

対共栄大学(岩槻川通公園野球場)

共栄 000 001 000 1
学芸 000 000 11× 2

バッテリー:楡木(5回)、阿部(2回)、加藤-工藤

1(左)渡部
2(遊)尾形
3(指)川島
4(捕)工藤
5(右)今村
6(三)杉町
7(一)今
8(ニ)宮田
9(中)真崎

学芸先発は楡木。今日がリーグ戦初先発となりましたが、まったくそれを感じさせないマウンドさばきで、初回を三者凡退にとって切ります。

打線は相手投手の緩急をつけた投球の前に、三回までパーフェクトに抑えられます。

楡木はその後も丁寧なピッチングで相手打線を封じ、5回を1四球、被安打3の無失点に抑え、試合を作ります。

試合が動いたのは6回。学芸は1年生の阿部がリーグ戦初登板となるマウンドに上がります。
先頭打者にヒットで出塁を許すと、バントで進塁を許し一死二塁。続く打者の時、バッテリーエラーで一死三塁に。
ここでライトへのタイムリーを許し、1点を先制されます。

1点を追う学芸は7回、一死一塁から杉町がセンターへのヒット。
このチャンスに今日スタメンの今がレフトへのタイムリーを放ち、同点とします。
さらに8回、一死から川島がヒットで出塁すると、続く工藤もヒットで続き、一死一、三塁のチャンスを作ります。
ここで打席には昨日先制タイムリーの今村。厳しい球にも食らいつき粘りを見せると、7球目をとらえた打球はレフトへ。これが犠牲フライとなり、貴重な追加点を加えます。

8回は加藤、そして9回は昨日先発の木村がそれぞれ登板、相手打者に付け入る隙も見せず、そのまま試合終了となりました。

学芸らしい泥臭い野球で見事逆転勝利、2連勝で勝ち点1を奪う幸先の良いスタートを切ることができました。
まだまだ続くリーグ戦、この勝ち点1に慢心することなく、チームで目指してきた目標に向かって今後も全力でプレーしていきます。
ご声援よろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)