春季リーグ戦 対杏林大学1回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告させて頂きます。

対杏林大学(岩槻やまぶきスタジアム)

学芸000 000 000  0
杏林000 000 30/ 3

バッテリー:木村、新井(8回~)-工藤

学芸は初回、先発木村が二つの四死球などで二死一、二塁のピンチを招きます。しかし、相手の5番打者を二飛に抑え、初回のピンチを切り抜けます。

二回以降も走者は出すもののも、要所を締める投球で6回まで無失点に抑えます。
しかし、打線が相手投手をなかなか打ち崩すことができず、6回まで無安打に抑えられてしまいます。
チャンスが訪れたのは7回でした。この回先頭の一番渡部がセンター前ヒットで出塁します。そして、二番尾形のピッチャーへの打球が進塁打となり、一死二塁のチャンスを作ります。しかし、続く川島、工藤がランナーを返すことができず、この回も無得点に終わってしまいます。

しかしその裏、それまで粘り強い投球を続けていた木村が相手打線につかまります。先頭打者に内野安打を許すと、犠打と四球で一死一、二塁とされます。そして、ここから二本のヒットを許し、三点を失ってしまいます。

なんとかして得点したい学芸でしたが、8回・9回も0点に抑えられ、完封負けとなりました。

<明日の試合>
対杏林大学(岩槻やまぶきスタジアム)
9時試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)