春季リーグ戦 対杏林大学2回戦

失礼します。
本日行われましたリーグ戦の結果を報告させて頂きます。

対杏林大学(岩槻やまぶきスタジアム)

杏林101 010 000 3
学芸001 200 001 4

バッテリー:楡木、加藤寛(5回表~)-佐田

三塁打:渡部
二塁打:川島、中村

1(左)渡部
2(遊)尾形
3(指)川島 
 (走)山崎
4(捕)佐田
5(一)今村
6(三)杉町
7(右)中村
8(二)井上
9(中)真崎

学芸の先発は楡木。初回、先頭打者を味方エラーで出塁させると、送りバントで一死二塁とされます。そして、ヒットと四球で満塁となった場面で、ヒットを打たれ先制点を許します。
3回にも、一死二塁の場面からライトへヒットを打たれると、エラーが重なり一点を追加されます。

なんとか反撃したい打線は、三回に尾形、川島の二連打で無死二・三塁とします。そして、5番今村の死球で満塁とチャンスを広げます。続く杉町が倒れ、一死満塁となったところで、7番中村への投球が押し出しの死球となり、一点を返します。
4回には、一番渡部が右中間への三塁打を放つと、続く尾形がライトへタイムリー、3番川島もレフトへの二塁打で続き、逆転に成功します。

学芸は5回から加藤寛が登板します。二連打を打たれ、5回に同点に追いつかれますが、粘り強い投球で6回以降無失点に抑えます。

加藤の好投に応えたい打線は、5回以降もランナーを出すものの、なかなか決定打が出ず得点することができません。
しかし9回、この回先頭の川島がヒットで出塁します。これを4番佐田がきっちり送り、一死二塁とします。そして、5番今村がライト線へヒットを放ち、サヨナラ勝ちとなりました。

<明日の試合予定>
対杏林学3回戦(岩槻やまぶきスタジアム)
13時試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)