春季リーグ戦 対杏林大学3回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告させて頂きます。

対杏林大学(岩槻やまぶきスタジアム)

杏林 000 110 000 2
学芸 010 001 01X 3

バッテリー:木村-工藤

1(左)渡部
2(遊)尾形
3(指)川島 
 (走)大平
4(捕)工藤
5(一)今村
6(右)中村
7(三)杉町
8(二)宮田
9(中)真崎

学芸は2回、先頭の工藤がレフトへのヒットを放つと、この打球をレフトが後逸。無死三塁とチャンスが生まれます。
ここで相手投手がワイルドピッチ、幸先良く1点を先制します。

学芸先発は木村。序盤からランナーを背負う苦しいピッチングが続きます。
4回、二死から二塁打を許しピンチを迎えると、続く打者に三塁強襲のヒットを許し、1点を返されます。
続く5回も先頭に二塁打を浴びると、バントで一死三塁。ここでライトへのタイムリーを浴び、逆転を許します。

1点を追う学芸は6回、先頭の渡部が右中間への三塁打。このチャンスに続く尾形がノースリーから甘く入った球をとらえセンターへのタイムリーヒット。同点とします。
さらに8回、一死から渡部が内野安打で出塁。続く尾形の内野ゴロの間に進塁し、二死二塁と一打勝ち越しのチャンスが生まれます。
ここで打席には川島。フルカウントからの8球目をとらえた打球は三塁線を抜けるレフトへのツーベース。大きな1点を奪います。

ランナーは許しながらも勝負所で相手打線を封じてきた木村、9回は三人でピシャリと抑え、3-2で勝利となりました。

開幕からの2カードで勝ち点2を奪うことができました。
残る3カードはいずれも昨シーズンのAクラスとの対戦となります。
臆すことなく、学芸らしい全員野球で戦っていきます。
ご声援よろしくお願いします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です