OP戦 対日本体育大学

更新が遅くなりまして申し訳ありません。
昨日行われました、日本体育大学とのオープン戦の結果を報告させていただきます。

対日本体育大学(日本体育大学グラウンド)

日体 000 000 000 0
学芸 000 100 00x 1

バッテリー:木村(3回)、原(3回)、池田―佐田、古川

1 尾形(遊)
2 大平(中)
  佃 (打)
3 渡部(左)
  加藤(打)
4 佐田(捕)
  古川(守)
5 川島(指)
6 今村(一)
  今 (守)
7 杉町(三)
 久世(守)
8 玉井(ニ)
  金田(打)
9 真崎(右)
 中村<恭>(打右)

学芸先発はエース木村。3回を投げ、無安打に抑える危なげないピッチング。チームに流れをもたらします。
四回からは1年生のアンダースロー、原が登板。
四球、死球でピンチを作るも、後続をダブルブレーに打ち取り、このピンチを脱します。
するとその裏の攻撃、先頭の渡部がライトへのヒットで出塁。佐田がバントで送りつくったチャンスで、今村がこの日2本目のヒットとなるタイムリーを放ち1点を先制します。
原は五回にも死球で出塁を許すも、またもダブルプレーに打ち取り無失点、六回も三人で抑え、3回を無安打に抑えます。
七回からは池田が登板。八回、先頭打者にこの日初ヒットとなるライトオーバーの二塁打を許し、ピンチを迎えます。しかしここでキャッチャー古川がセカンドランナーを殺し、流れを相手にやりません。
その後は抑えた池田は九回を三人で打ち取り、0-1で勝利、終わってみれば三人の投手リレーで相手打線を一安打に抑えた勝利でした。
守備の面では光ったプレーが多く見られましたが、打線としてはうまく機能しなかった点が反省として挙がりました。
一つ一つ課題をクリアしリーグ戦を迎えられるよう、今後もオープン戦を戦ってまいります。

<次のオープン戦予定>
8/22(月)
対筑波大学 13:00~ (ひばりが丘球場)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です