入れ替え戦 対日本大学生物資源学部2回戦

本日行われました、入れ替え戦の結果を報告致します。

対日本大学生物資源学部(越谷市民球場)

学芸   000 100 001 00   2
日大   100 100 000 00   2
(時間切れ)

バッテリー:楡木(3回)、福田(2回)、阿部(3回)、木村(3回)ー工藤、古川

1(中)佃
  (打)加藤(陽)
  (中)大平
2(遊→三)尾形
3(左)渡部
4(捕)工藤
  (走)久世
  (捕)古川
5(指)川島
  (打→指)佐田
  (走→指)真崎
6(一)今村
7(二→遊)宮田
8(右)中村(恭)
9(三)杉町
  (打)今
  (二)井上

学芸の先発は楡木。先頭バッターに四球を与えると、送りバントと盗塁で一死三塁のピンチ。ここでライトへタイムリーを打たれ先制点を与えます。

一方、学芸は三回まで相手ピッチャーを攻略できず、点を奪うことができません。

ですが、四回、二死から宮田が四球で出塁するとここでバッターは中村。鋭く放った打球はライト線へのタイムリースリーベース、同点とします。

しかしこの裏、この回からマウンドに登った福田が立ち上がりを攻められます。一死からヒットでランナーをだすと、四死球で二死満塁のピンチ。ここでライトへタイムリーを打たれ、逆転。さらにセカンドランナーも生還するところでしたが、ライト中村の好送球で一点にとどめます。

六回からマウンドに登った阿部は、三回を無失点に抑えますが、学芸もなかなか点を奪えません。

一点ビハインドで迎えた九回、先頭の大平が四球で出塁すると、すかさず盗塁。さらに送りバントで一死三塁のチャンス。ここで渡部がレフトへ犠牲フライを放ち、土壇場で同点に追いつきます。

九回裏のマウンドにはエース木村。打者三人を三振に切ってとる力投で学芸に流れを引寄せます。しかし、この力投に応えることができず11回時間切れ、引き分けとなりました。

<明日の試合予定>

対日本大学生物資源学部(越谷市民球場)
第一試合  13時試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)