春季リーグ戦 vs東京国際大学 一回戦

本日行われました、リーグ戦の結果をお知らせ致します。

対東京国際大学(大田スタジアム)

学芸  001 005 010   7
国際  000 200 000   2

バッテリー:加藤(4回1/3)、楡木(4回2/3)ー古川

本日、待ちにまった春季リーグが開幕致しました!
学芸の先発は加藤。初回からランナーを出しますが、ここぞという場面で相手打線を封じ点を与えません。
一方の学芸打線は三回。先頭の宮田がセンター前ヒットで出塁すると、続く中村(恭)の打球を一塁手が送球ミス。さらにボークが重なり、無死二、三塁のチャンスでバッターは山崎。内野ゴロの間に宮田が生還し、先制点を奪います。

しかし四回裏、先頭バッターにレフト前ヒットを許すと、一死から四球、内野ゴロの間に進塁され二死二、三塁のピンチ。ここでレフト前へ弾き返され二失点、逆転を許します。

なんとか反撃したい学芸は六回、先頭の井上が相手のエラーで出塁すると、すかさず盗塁。無死二塁のチャンスでバッターは今村。ワンスリーからの五球目をとらえた打球は左中間を深々と破るタイムリースリーベース!同点に追いつきます。さらに、続く尾形のレフト前へのタイムリーで逆転!ここから工藤の内野安打、相手のエラー、加藤の犠牲フライでこの回一挙に五点を奪います。

守備では五回途中からマウンドに上がった楡木がランナーを出しながらも、粘りのピッチングで相手打線を抑えます。

八回には工藤の四球から、代走の大平が盗塁、バッテリーミスで一点を奪い、7-2で開幕戦を勝利で飾ることができました。

<明日の試合>
対東京国際大学(大田スタジアム)
10時30試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)