国公立戦 vs首都大学東京

本日は天候が心配されましたが、予定されていた通り国公立戦を行うことができましたので、結果を報告致します。

対首都大学東京(一橋大学グラウンド)

首都大 010 010 00 2
学芸大 320 100 12 9
(8回コールドゲーム)

▼バッテリー
福田(4回)、北原(3回)、原(1回)―安部(7回)、古川(1回)

▼二塁打
青木(2年:三条)

▼三塁打
宮之原(1年:日本大学第三)

学芸は初回、先頭の玉井が四球で出塁すると、続く日比の右中間へのヒットで一・二塁のチャンス。ここでバッターは安部、ライト前にタイムリーを放ち先制します。さらに、金田の犠牲フライ、安藤のライト前ヒットで得点を重ね、この回3点を奪います。続く2回、先頭の玉井がレフト前ヒットを放つと、日比が死球、安部がライト前ヒットで繋ぎ、満塁のチャンス。二死から金田がセンター前へ弾き返し、二点タイムリー、追加点を奪います!

学芸の先発は福田。初回を三者凡退に抑えますが、続く二回、先頭バッターにセンター前ヒットを許すと、盗塁で無死二塁。さらに内野安打で一、三塁とし、続くバッターのセカンドゴロの間に一点を失います。しかし、その後は安定したピッチングで相手打線に得点を与えません。

学芸は四回、二死から青木が左中間への二塁打を放つと、続く金田・安藤が四球を選び満塁とし、パスボールで1点を追加します。

五回、この回からマウンドに上る北原は、一死からライト前ヒット、牽制悪送球でランナー3塁、続くバッターのショートゴロの間に一点を失います。しかしその後はランナーを出しながらも後続を抑えるピッチングで追加点を与えません。

七回、学芸は、金田と安藤の連打で無死一・二塁、続く佃がエラーで出塁し、満塁のチャンス!内野ゴロの間に追加点を奪います。さらに八回、安部・宮之原・青木の連打で2点を追加し、コールドゲームとしました。

本日は、今週末に控える新人戦を意識して1・2年生が中心となって試合に臨みました。
課題や反省を克服し、新人戦に備えたいと思います!
是非とも球場に足を運んで頂き、温かいご声援を頂けますよう、宜しくお願い致します。

<今後の日程>
6月23日(土) 

新人戦  
13:30- vs流通経済大学 【会場】県営大宮球場
国公立戦 準決勝
10:00- vs海洋大学   【会場】一橋大学グラウンド
(国公立戦は3・4年生が中心となって試合を行います。)

(2年/マネージャー/金山 千尋)

 


1件のコメント

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です