OP戦 対日本体育大学

本日は、日本体育大学とのOP戦が行われました

対日本体育大学(日本体育大学グラウンド)

学芸大 000 000 000 0
日体大 000 211 20X 6

▼バッテリー
楡木(5回)、新井(1回0/3)、池田(1回3/3)―古川

学芸の先発は楡木。毎回ランナーを背負いますが、粘りのピッチングで得点を与えません。 試合が動いたのは四回。ライトへの二塁打、四球で二死一・二塁のピンチ!続くバッターに左中間を破られ、先制を許します。さらに五回、一死からヒットで出塁されると、右中間へのタイムリーツーベースで追加点を奪われます。

なんとか反撃したい学芸は六回、一死から玉井が内野安打で出塁すると、中村(恭)がライト前ヒットで繋ぎ、一死一・二塁のチャンス!しかしあと一本が出ず得点に繋げることができません。

六回からマウンドに上るのは新井。先頭打者に四球で出塁され盗塁を決められると、送りバントで無死三塁のピンチ。センター前へのタイムリーヒットを許し、1点を追加されます。続く七回、レフト線への二塁打・センター前ヒットで無死一・三塁とすると、ここでピッチャー交代。代わった池田は初球をレフトに運ばれ得点を許します。一つアウトをとったあと、続く打者にもタイムリーヒットを許し、この回2点を失います。

八回・九回とランナーは出るものの得点を奪うことが出来ず、6-0で敗戦となりました。

敗戦となってしまいましたが、良い反省材料を得ることができ、収穫のあった試合でした。あと二試合と二回の全体練習で開幕となりますが、見直さなければならないことや、詰めていかなければいけないことをチームで共有して、最後まで全員で最大の準備を行っていきたいと思います。

【試合前の練習風景】

DSCN0361

DSCN0359

<今後の予定>
9月1日 (土)13:00- vs東京大学 【会場】東京大学G
9月2日 (日)13:00- vs大東文化大学 【会場】大東文化大学G

(2年/マネージャー/金山 千尋)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)