リーグ戦 対高千穂大①

こんばんは。
更新が遅くなりました。
本日は高千穂大学と試合を行ないましたので、結果をお知らせいたします。

TEAM 123 456 789| R
高 千 |001 000 125| 9
学 芸 |214 000 000| 7

【スターティングメンバー】
1.(8)宮之原→小倉(7オ)
2.(4)日比
3.(9)熊谷
4.(2)久保
5.(5)安部
6.(D)吉岡
7.(7)龍池→小室(7ウ)→河西→大音
8.(3)岩切
9.(6)石山
P.阿部→阿保→橋本

【長打】二塁打→岩切

試合は初回から動きます。1回裏、2番日比(桐蔭学園高)、3番熊谷(山形中央高)、4番久保(八戸高)が3連続四球で出塁し、1アウト満塁のチャンスを作ると、続く5番安部(山形中央高)がタイムリーヒットを放ち、相手のエラーも絡んで2点を先制します。

DSCN5526(↑初回にタイムリーを放った安部)

2回には、この回先頭の岩切(加治木高)がツーベースヒット、1番宮之原(日大三高)にヒットが飛び出すと、2番日比のタイムリーヒットで1点を追加します。

DSCN5539(↑追加点を奪うタイムリーを放った日比)

3回にも打線は猛攻を見せます。先頭の吉岡(土佐高)、岩切のヒットから、石山(新潟明訓高)が死球でつなぎ、宮之原が1、2塁間を破る2点タイムリー、3番熊谷にもタイムリーヒットが出て、3点を追加します。

DSCN5406(↑7点目を奪うタイムリーを打った熊谷)

先発の阿部(一関第一高)はテンポの良いピッチングで相手打線を手玉に取り、相手にチャンスらしいチャンスを与えません。しかし終盤、徐々に相手にとらえられ始めたところで、阿保(青森高)にマウンドを託します。阿部は8回4失点(自責3)と試合を作りました。

DSCN5451

3点をリードして迎えた9回、相手打線の勢いは止まらず、この回5安打、一挙5点を奪われ、逆転を許してしまいます。打線も4回以降2安打と抑え込まれ、追加点を奪うことができず、そのまま敗戦となりました。

攻撃では、宮之原・岩切が2安打、吉岡が3安打の活躍でした。

DSCN5458(↑2安打と打線を引っ張った宮之原)

DSCN5421(↑3安打を放ち、何度もチャンスを作った吉岡)

序盤大量リードを奪いましたが、悔しい逆転負けとなりました。選手全員が”野球の怖さ”を改めて知った試合でもありました。この悔しさを忘れず、これからの練習、試合に臨んでいきたいと思います。リーグは、まだ続きます。この負けを生かし、残りの試合をチーム一丸となって全力で戦ってまいります。ご声援のほど、よろしくお願い致します。

<3年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)