リーグ戦 対淑徳大①

こんにちは。
本日は淑徳大学埼玉キャンパスと試合を行いました。
結果をお知らせいたします。

TEAM 123 456 789| R
学 芸 |140 010 3 |9
淑 徳 |002 000 0 |2
7回コールド

【スターティングメンバー】
1.(8)宮之原、(7)小倉(6回)
2.(7)吉岡、(8)大音(6回)
3.(4)日比
4.(9)熊谷
5.(2→5)安部
6.(5)長縄、PH久保(7回オ)、(2)高橋(7回ウ)
7.(3)龍池
8.(6)岩切、馬場(7回)
9.(D)河西.PH長江(5回)
P.阿部、阿保(6回)

【長打】(二塁打)龍池、安部
(三塁打)岩切

image

(↑右:日比、左:岩切の二遊間)

初回、1アウトから吉岡(土佐高)が四球を選び、盗塁に成功すると、この日4番に座った熊谷(山形中央高)がタイムリーツーベースを放ち、幸先よく1点を先制します。

image

(↑先制タイムリーの熊谷)

2回には、今季リーグ戦初先発の長縄(都立武蔵高)が死球、続く龍池(新潟明訓高)が四球となり、ノーアウト1、2塁のチャンスを作ります。ここで8番岩切(加治木高)にタイムリーツーベースが飛び出し、2点が入ります。その後も1番宮之原(日大三高)のタイムリーや、相手のワイルドピッチなどで、この回一挙4点を奪います。

image

(↑今日5打点を挙げた岩切)

学芸大の先発は、2年阿部(一関第一高)。毎回三振を奪う、テンポの良いピッチングで5回2失点7奪三振と試合を作ります。

image

(↑右上:勝利投手の阿部と、左下:今季初先発の長縄)

打線の勢いはまだとまりません。5回にこの回先頭の安部(山形中央高)がツーベースヒットで塁に出ると、龍池がタイムリーツーベースであっという間に1点を奪います。7回には、熊谷、安部、龍池がそれぞれヒットでつないで1アウト満塁のチャンスをつくり、ここで迎えるは、この日2打点の岩切。岩切は3球目を弾き返し、打球は右中間を真っ二つに破る、走者一掃のタイムリースリーベースとなります。この回3点を加え、9対2と相手を突き放しました。

image

(↑昨日に続き、連日の活躍となった安部)

7回裏、前の回からマウンドに上がった阿保(青森高)が安定したピッチングで三者凡退に打ち取り、9対2、7回コールドで勝利をおさめました。また7回裏には、1年生の馬場(会津学鳳)がリーグ戦初出場。ショートとして軽快にボールをさばきました。

image

(↑リーグ戦初出場の1年馬場)

守備では先発阿部が好投し、勝ち投手となり、阿保はリーグ戦3試合連続の無失点の活躍、攻撃では、熊谷、安部、龍池、岩切がそれぞれ2安打の活躍でした。特に岩切は、チームトップの5打点をあげる活躍となりました。

image

(↑タイムリーを含む2安打と活躍した龍池)

土日の連戦を2連勝で終え、チームとしても良い形で来週の試合を迎えることができると思います。しかしこの2試合で、チームとしても個人としても課題が多く見つかりました。明日からの練習では、その課題を修正し、次の試合に自信をもって臨めるように準備をしていくつもりです。今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

<3年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)