リーグ戦 対淑徳大②

こんばんは。
更新が遅くなり申し訳ありません。
本日は淑徳大学と試合を行いましたので、結果をお知らせ致します。

TEAM 123 456 789| R
淑 徳 |100 030 0|4
学 芸 |070 070 ×|14

【スターティングメンバー】
1.(8)宮之原→大音(5裏)→池増(7表)
2.(4)日比→佐藤(5裏)
3.(9)熊谷→龍池(5裏)
4.(D)久保→松原(6表)
5.(5→2)安部
6.(6)石山→馬場(7表)
7.(3→5)岩切→中島(7表)
8.(2→3)高橋→長江(5裏)→中村(5裏)→織田(6表)
9.(7→8)小倉
P.津元(5回)→尾形(1回)→橋本

【長打】
<2塁打>石山、久保(2回裏) 龍池(5回裏) 大音(6裏)

先発を務めましたのは、今リーグ戦初出場の津元(豊多摩)です。1回の表、相手の積極的な打線により1失点を許します。しかし、その後2.3.4回は3者凡退とリズムの良いピッチングを披露しました。

image

(↑リズムの良いピッチングを披露した津元)

試合が大きく動いたのは2回裏です。
4番指名打者の久保(八戸)が四死球を選び出塁すると、6番石山(新潟明訓)がレフト線への鋭い二塁打を放ちます。

image

(↑二塁打を放った石山)

続く8番高橋(文京)、9番小倉(青山)が四死球選び、押し出しで1点を返し同点に追いつくと、1番宮之原(日本大学第三)のタイムリーにより、一気に2点を追加します。

image

(↑今リーグ初出場の高橋。守備では捕手としてピッチャーをリードしました。)

その後も、打線の勢いは止まりません。2番日比(桐蔭学園)がライト線へのヒット、3番熊谷(山形中央)が四死球を選び、満塁のチャンスを作ります。ここで、4番久保の2塁打が飛び出し、一気に3点を追加します。
この回の得点は7点となりました。

image

(↑2塁打を放ち、本日5打点の久保)

その後、3.4回はチャンスの場面を作るも生かせず、両者譲らない展開が続きます。

試合が再び動いたのは5回です。
5回表、相手の連打により、3失点を許し、4対7となります。

続く5回裏、6番石山が四死球、7番岩切(加治木)が死球、9番小倉、1番代打の大音(春日部)が四死球、2番日比が四死球と、厳しくボールを見極め、チャンスの場面を作ります。そこへ、3番代打の龍池(新潟明訓)、4番久保のヒットが飛び出します。ここまでで、6点を追加します。

image

(↑打席は厳しい見極め、守備では攻めの姿勢を見せた小倉)

その後、6番石山の足を生かしたバントヒットでランナーを進め、7番岩切のレフトへの犠打により、さらに1点を追加します。

また、この回には8番代打で4年生の中村(帯広柏葉)が今リーグ戦初出場を飾りました。

image

(↑今リーグ戦初出場の4年、中村)

6回の表、先発の津元は同学年のピッチャー尾形(八戸)にマウンドを託します。安定したピッチングで6回を無失点に抑えます。

image

(↑初出場の尾形、落ち着いた表情でのピッチング)

6回裏、1番からの好打順です。1番大音がライト線へのヒットを放ちますが、その後打ち取られ、得点を追加することがなかなか出来ません。

image

(↑二塁打を放った大音)

7回の表は、ピッチャーに橋本(春日部)、センターにリーグ戦初出場の池増(錦城)、ショートに馬場(会津学鳳)、サードに中島(須坂)が入り、試合を盛り上げました。

image

(↑初出場の池増)

この回橋本は三者凡退をとり、試合は七回コールドとなりました。

本日はは久々の岩槻川通球場での試合となりました。選手.スタッフ共に球場で試合が出来ることに、喜びの気持ちを胸に大切な1戦に臨みました。
また、本日は沢山の保護者の皆様に球場まで足を運んでいただきました。力強い応援をありがとうございました。

残りの試合も、チーム全員の力を合わせて戦って参ります。これからも応援のほどよろしくお願い致します。

〈2年/マネージャー/土屋 史華〉


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)