オープン戦 対山梨大学

おはようございます。
更新が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
昨日は前夜からの雨で空模様やグラウンドの状況が心配されましたが、朝早くからのグラウンドキーパーさんが整備をして下さり、岩槻川通公園野球場で試合をする事が出来ました。山梨大学とのオープン戦の結果を報告致します。
team123 456 789
山梨 010 403 010 9
学芸 002 000 010 3
試合の先発は石岡(麗澤高)、安定感のあるピッチングで一回表を0点におさえます。試合が動いたのは2回表、先頭打者にセンター前の鋭いヒットを差し込まれます。その後、コツコツとランナーを先へと進める攻撃により、この回一点を失います。
学芸大学の打線が動いたのは3回裏、9番馬場(会津学圃鳳)が四球を選ぶと、4番長江(開成)がレフト前、続く5番西(伊勢)がライト前の連打が飛び出し、この回一挙に2点をあげて逆転します。
しかし、4回表四球やエラーでランナーをためると、相手の連打により4点を返されます。
4回表、には7番遠藤(秋田)がセンター前、8番福田(盛岡第一)の一年生外野コンビが、ライト前に連打を放ちますが、打線が続かず、なかなか得点に結びつきません。

試合はその後、学芸ピッチャーの崩れやチャンスを逃さない相手の積極的な攻撃により相手に得点を許します。

8回裏、4番田尻(穎明館)が四球を選ぶと、5番西がレフト前にヒットを放ちます。続く7番遠藤がレフトに犠飛を放ち、この回一点をつかみとります。

その後試合は、両者譲らぬ戦いをみせ9-3となりました。

今回の試合は、一部のグラウンドである岩槻川通公園野球場で試合をする事ができ、とてもいい経験となりました。秋はここで戦えるように、チーム全員で頑張っていきたいと思います。
また、山梨大学の皆様には遠くから試合にお越しいただきました。ありがとうございました。
本日は作新学院との試合です。今後とも応援よろしくお願い致します。

〈2年 マネージャー 土屋史華〉


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です