リーグ戦 対首都大学東京①

こんにちは。
本日は首都大学東京と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

TEAM|123 456 789 10| R
学 芸 |000 000 201 2 |5
首 都 |010 010 001 0 |3

【スターティングメンバー】
1.(9)河西
2.(4)土屋
3.(3)上田→(R7)吉岡(10表)
4.(5)久保
5.(D)熊谷
6.(7)梶原→(7)遠藤(9裏)→(H3)西(10表)
7.(2)高橋
8.(6)岩切
9.(8)大音
P.阿部→橋本(7裏)

【本塁打】
【二塁打】久保(10表)
【三塁打】

高橋(3年/文京高)、岩切(3年/加治木高)が今季初スタメンを飾りました。

学芸大学の先発はこれまで全試合に先発している阿部(3年/一関第一高)。2回に2連打を浴びて1点を奪われるものの、テンポの良いピッチングで相手にチャンスらしいチャンスを与えません。5回には味方エラーで2点目を奪われますが、6回8奪三振自責1の素晴らしいピッチングで、見事に試合を作りました。

image

(見事なピッチングを披露した阿部)

一方攻撃では、なかなか相手投手からチャンスを作ることができず、6回まで無安打に抑えられます。

image

(試合中の選手の様子)

チャンスが訪れたのは7回。1アウトから、熊谷(3年/山形中央高)、梶原(4年/高松高)が四球を選んで出塁すると、続く高橋がチーム初ヒットをセンターに放ち、1アウト満塁のチャンスを作ります。2アウトとなり、迎えるは大音(2年/春日部高)。大音が放った鋭い打球がショートのグラブを弾き、相手のエラーによって、2点を奪って同点に追いつきます。

image

(今季初スタメンで、流れを引き寄せた高橋)

同点のまま迎えた9回、先頭の高橋がこの試合2本目のヒットを放つと、岩切も今季初ヒットで出塁し、ノーアウト1、2塁の場面を作ります。ここで大音が3塁線への絶妙な送りバントを決め、1アウト2、3塁となります。続くバッターは河西(3年/丸亀高)。初球スクイズを見事に成功し、遂に1点を勝ち越します。

image

(今季初出場ながら、チームを引っ張った岩切)

image

(送りバントを成功させた大音)

image

(大事な場面で結果を残した河西)

その裏、7回からマウンドに上がり、危なげないピッチングを見せていた橋本(3年/春日部高)がピンチで長打を浴び、1点のリードを追いつかれてしまいます。
試合はそのまま延長へ。10回の表、先頭の上田(3年/小松)がチームを勢いづけるヒットで出塁すると、続く4番久保(4年/八戸高)が痛烈なタイムリーツーベースヒットを放って、代走の吉岡(3年/土佐高)が勝ち越しのホームを踏みます。

image

(試合を決めた久保)

攻撃はまだ続きます。なおも1アウト3塁で迎えるは代打の西(4年/伊勢高)。追加点が欲しい場面で、貴重な犠牲フライを放ち、この回2点を奪うことに成功します。

image

(貴重な2点目の犠牲フライを放った西)

2点リードをもらった橋本は、その裏を見事に抑え、勝利しました。

image

(5奪三振と、安定感のあるピッチングを披露した橋本)

終盤まで相手にリードを奪われる、苦しい試合展開となりましたが、無事に勝利することができました。今季初出場の選手や途中出場の選手が活躍するなど、部員全員が自分の役割を全うし掴み取った勝利だと思います。
まだまだリーグ戦は続きます。今日の試合を次に生かし、1戦1戦成長し続けるチームでありたいと思います。今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

<明日の試合>
対日本工業大学 13:30PB
@日本工業大学野球場

<4年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です