OP戦 vs鶴見大学②

第2試合の結果をご報告いたします。

《メンバー》
1(7)河西→(8)7表
2(9)吉岡→(7)7表
3(D)小室
4(3)織田
5(5)飯出
6(8)遠藤→(4)7表
7(2)杉高
8(6)馬場
9(4)石田→(H)西・6裏→(7)本木・7表
P 石岡→福島・3表→阿保・6表→長縄・8表

《スコア》
鶴│010 000 000│1
学│011 010 02x │5

試合は序盤から動きます。
1回の表、1死満塁ピンチの場面を迎えるも先発の石岡(麗澤)は落ち着いたピッチングを魅せつけ、この回を無失点に抑えます。

2回裏、4番織田(土佐)が内野安打で出塁すると、5番飯出(野沢北)がセンターへのヒットを放ちます。7番杉高(富山中部)が四球を選び、1死満塁のチャンスを作ります。続く8番馬場(会津学鳳)が犠飛を放ち、1点を先制します。

3回裏、1番河西(丸亀)がセンターへのヒットを放ち出塁すると、2番吉岡(土佐)が四球を選び、1死1.2塁となります。そこで、4番織田が、ライトへ二塁打を放ち、1点を追加します。

5回裏、1番河西が本日2本目のセンターへのヒットを放つと、2番吉岡が犠打を決めます。河西は、相手の隙をつく走塁で1死3塁のチャンスを作ります。3番小室(日立第一)がセンターへの犠飛を放ち、1点が入ります。

守備では、3.4.5回を登板した福島(蕨)、6.7回を登板した阿保(青森)が全てのイニングを三者凡退に抑えました。

6.7回は両チーム無失点、締りのあるゲーム展開が続きます。

試合が動いたのは8回裏、学芸打線が盛り上がりを見せます。
先頭の6番遠藤(秋田)がライトへのヒットち出塁すると、足を生かした走塁で無死2塁の場面を作ります。続くバッターは7番杉高。6回裏にも二塁打った杉高はこの打席でもレフトへのヒットを放ちます。8番馬場が、レフトへのヒットを放ち、1点が入ります。1死1.2塁、1番河西が本日3本目のヒットで出塁し、1死満塁のチャンスの場面を作ります。そこで、2番吉岡がレフトへのタイムリーを放ち、更に1回を追加します。続く3番小室もヒットを放ち、学芸打線はこの回6本のヒットを放ちました。

いよいよオープン戦も、残すところ29日(月)東京経済大学とのダブルのみとなりました。台風の予報があり、天気が心配ですが、リーグ開幕に向けて良い形の試合が出来るよう、チーム一丸となり戦ってまいります。
今後とも応援よろしくお願い致します。

〈3年/マネージャー/土屋史華〉


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)