リーグ戦 対東京理科大①

こんにちは。
本日は東京理科大学と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

1.(7)佐藤→(8)遠藤(5回裏)
2.(4)石山→(6)西原(6回裏)
3.(9)河西→土屋(7回裏)
4.(3)熊谷
5.(5)上田→飯出(7回裏)
6.(6)久保→(4)馬場(6回裏)
7.(D)長江→(H)西(6回表)
8.(2)杉高
9.(8)大音→(H7)吉岡(5回表)

P.橋本→福島(6回裏)→阿保(7回裏)

初回、2アウトからこの日3番に入った河西(3年/丸亀)がヒットで出塁すると、続く熊谷(3年/山形中央)が四球で続き、上田(3年/小松)を迎えます。上田は初球を見事にセンター前に運び、幸先よく1点を先制します。

image

↑タイムリーを放った上田

2回には、2アウト2、3塁から石山(4年/新潟明訓)の放った打球が相手のエラーを誘い、2点を追加します。

5回、再びチャンスが訪れます。この回先頭の大音(2年/春日部)が見事な内野安打で出塁し、続く佐藤(2年/山形中央)が送りバントを成功させ、チャンスを作ります。このチャンスで、石山、河西に連続タイムリーが飛び出し、2点を追加します。2アウトからさらに満塁のチャンスを作ると、長江(4年/開成)が走者一掃のタイムリーツーベースを放ちます。この回一挙に5点を追加し、相手を突き放します。

image

↑チームを引っ張った石山

image

↑3打点と活躍した長江

6回にも、熊谷、上田の連続ヒットから、相手ミスを逃さず、さらに1点を追加し、9点をリードします。

先発の橋本(3年/春日部)は、テンポの良いピッチングで、相手に3塁を踏ませず、5回無失点と試合を作りました。橋本からマウンドを譲り受けた福島(1年/蕨)も、昨日に引き続き、落ち着いたピッチングで相手を抑えます。

image

↑勝利投手の橋本

7回のマウンドには、阿保(4年/青森)が上がります。阿保は2アウトから1点を失うものの、後続を抑え、9-1で勝利を収めました。

土日の連戦を2連勝し、リーグ戦3勝目となりました。来週からもまだまだ厳しい戦いが続いてまいりますが、リーグ戦で得たチームの課題、個人の課題を修正し、自信をもって試合に臨みたいと思います。今後とも応援よろしくお願い致します。

<次回の試合予定>
9月17日(土) 対駿河台大学 13:30PB
【会場】駿河台大学野球場

<4年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です