秋季リーグ戦VS東洋学園大学②

こんにちは。
本日は秋季リーグ戦、東洋学園大学との試合を行いました。結果をご報告致します。

《スコア》
学芸|000 000 010|1
東洋|021 101 00x|4

《メンバー》
1.(9)河西→(H→9)岩切(8表)
2.(8)大音
3.(4)石山
4.(3)熊谷
5.(5)上田
6.(7)小室
7.(D)長江→(R)遠藤(8表)
8.(6)西原
9.(2)高橋
P.橋本→荻澤(6裏)

試合は初回、両チームともに相手の上位打線を三者凡退に抑え、締りのある幕開けとなります。

しかし、2回裏の守り、相手の連打が続き、2得点を許します。

3回表の攻撃、9番高橋(文京)がセンターへのヒットを放ちますが、なかなか打線が続かず無得点で攻撃を終えます。高橋は守備では捕手をつとめ、本日2回相手の盗塁を阻止しました。

image

(↑ヒットを放った高橋)

4-0追う展開で迎えた8回表の攻撃。
先頭の7番長江(開成)がセンターへのヒットを放ち出塁すると、続く8番西原(町田)がレフトへのヒットを放ちます。

image

(↑センターへヒットを放った長江)

image

(↑レフトへのヒットを放った西原)

無死1.2塁、9番高橋が犠打を決め、1死2.3塁のチャンスの場面を作ります。
バッターは代打岩切(加治木)。レフトへの犠飛を放ち、3塁走者が生還。1点が入ります。

image

(↑ホームインする遠藤)

試合はそのまま4-1。
東洋学園大学の勝利で幕を閉じました。
前の試合でのリベンジをかけてチーム総力戦で臨んだ試合ではありましたが、悔しい結果となりました。今日の悔しさを忘れず、残り2試合、「勝ち」にこだわり戦っていきたいと思います。
また、4年生の先輩方と野球が出来る時間を大切に、先輩方の姿から多くの事を学びたいと思います。

image

本日は、OB会の杉山会長を始め、先輩方、ご家族、ご友人など、多くの方々が応援に来てくださいました。心より感謝申し上げます。

明日は、東洋学園大学グラウンドにて東京理科大学との試合が10:30試合開始で行われます。
今後とも応援よろしくお願い致します。

《3年/マネージャー/土屋 史華》


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です