H29,3/19オープン戦vs千葉工業大学

こんばんは。

本日は千葉工業大学とのオープン戦を行いました。

試合結果を報告します。

学|000 030 410|8

千|100 020 000|3

<メンバー>

1.土屋(4)→中村(PH→4)(8表→8裏)

2.大音(8)→吉岡(PH→9)(8表→8裏)

3.岩切(9)→遠藤(PR→8)(7表→7裏)

4.熊谷(5)

5.織田(D)→上田(PH→D)(5表→5裏)

6.小室(3)

7.佐藤(7)→河西(PH→7)(6表→6裏)

8.長縄(6)→馬場(6)(6裏)

9.高橋(2)

P.福島(5)→荻沢(4)

 

本日の試合、東京学芸大学の先発は福島。1回の裏、四球とヒットでランナーを出し、1死12塁とすると相手の4番にタイムリーヒットを打たれ、先取点を許します。しかしその後は立ち直り、テンポのいい投球を見せ、5回を3失点(自責点1)にまとめることでゲームを作ります。

↑テンポの良い投球でゲームを作った先発の福島

打線は5回、連打で1死満塁と攻め立てると強打者の上田を迎えます。1ボールからの2球目、相手投手の球を逆らわず右方向へはじき返した打球は待望の2点タイムリーとなります。

↑勝ち越しタイムリーを放った上田

6回からは荻沢がマウンドに登ります。荻沢は力強い直球を武器に相手をねじ伏せます。4イニングを無失点に抑え、ゲームの主導権を渡しません。

↑見事勝ち投手となったリリーフの荻沢

守備では6回からショートを守った、「学芸大学の牛若丸」こと馬場拓己が華麗で堅実なプレーを見せます。6回以降、12個のうち4個のアウトを取り、チームに流れを持ってきました。

↑好守備を見せたショートの馬場

今日の試合は、相手に先制されてのスタートでしたが、逆転勝利を収めることができました。劣勢での試合に勝つことは難しいことですが、公式戦ではそのような場面は多々あると思うので、タフに戦っていきたいと思います。応援よろしくお願い致します。

(2年/主務/渡部健太郎)

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)