2017年4月29日(土)春季リーグ戦vs日本大学生物資源科学部

こんばんは。本日は日本大学生物資源科学部と春季リーグ戦を行いました。
結果をお知らせいたします。

日|1000000  1
学|004521×  12

〈メンバー〉
1.土屋(4)
2.大音(8)
3.岩切(9)→石田(R)(5裏)→本木(9)(6表)
4.熊谷(5)→(3)(6表)
5.上田(3)→飯出(5)(6表)
6.河西(DH)
7.福田(7)→佐藤(PH)(7)(5裏)
8.西原(6)→馬場(6)(6表)
9.高橋(2)
P.阿部→荻沢(6表)

東京学芸大の先発は今春3度目の登板となる阿部(4年一関第一)。初回に味方の失策から1点を失うものの後続を断ち切ります。その後もランナーを背負いますがホームには返しません。6回からは今季初登板となる荻沢(2年高岡)。三振2つを奪う力投を見せます。

阿部
荻沢

 
打線は3回、1番の土屋(3年韮山)が技ありのヒットで出塁するとすかさず盗塁を決め、大音(3年春日部)、熊谷(4年山形中央)の四球で満塁とします。ここで迎えるは5番上田(4年小松)、一部昇格する為には負けらんないぜと言わんばかりの痛烈な打球が右中間を真っ二つに切り裂き3点タイムリーツーベースとなります。さらにリーグ戦初スタメンの福田(3年盛岡第一)がライト前タイムリーヒットを放ちベンチは大盛り上がり。この回4点を奪います。

土屋

 

上田
大音
熊谷
福田

 

 
4回にはまたも土屋のヒットを足がかりに大音、岩切(4年加治木)、熊谷、河西(4年丸亀)の四死球で2点を取ると福田、西原(2年町田)、高橋(4年文京)の3連続タイムリーで合計5点を奪います。

高橋

5回、6回にも着実に加点し12-1(7回コールド)でリーグ戦3勝目を上げることができました。
本日の試合では1番の土屋が3盗塁を決め盗塁王獲得へ向け韋駄天を披露しました。また荻沢、福田、飯出(2年野沢北)、本木(2年成蹊)、石田(2年小樽潮陵)、など今まで出番の無かったメンバーが出場し、新たな風を学芸野球部に吹かせました。

石田

 
チームとしては新1年生が加入し、フレッシュな面もある一方で最上級生がインフルエンサー(影響力のある人)となってチームを引っ張っています。GWにリーグ戦は4試合ありますが、一部昇格の為にも全試合勝ちに行きます。
次の試合は4/30東京理科大戦が10:30より東洋学園大Gで行われます。応援よろしくお願いします。

2年筒井泰佑