2017年4月30日(日) 春季リーグ戦vs東京理科大学

こんにちは。昨日行われた春季リーグ対東京理科大学戦の結果をご報告いたします。遅くなり申し訳ございません。

<スコア>

学芸|201 030 002|8

理科|000 001 000|1

<メンバー>

1.土屋(4)

2.大音(8)

3.岩切(9)

4.熊谷(5)→(3)(8裏)

5.上田(Ⅾ)→吉岡(PR)(8表)

6.織田(7)→遠藤(7裏)

7.小室(3)→河西(PH)(8表)→飯出(5)(8裏)

8.西原(6)→佐藤(PH)(8表)→馬場(6)(8裏)

9.高橋(2)→丁野(6裏)

P.橋本→福島(6裏)

 

先攻の学芸大は1回の表から点を獲得します。2番大音(3年/春日部)が相手のエラーにより出塁すると、盗塁を決め1アウト2塁とします。すると続く主将の岩切(4年/加治木)がセンター前ヒットを放ち、先制点を挙げました。そして4番熊谷もレフトへツーベースヒットを打ち、2点目を追加します。

大音
岩切
熊谷

3回の表には先頭バッター1番土屋(3年/韮山)のライトへのツーベースヒットを打つと、2番大音がバントを決め、相手ピッチャーのワイルドピッチにより1得点します。

土屋

さらに、5回の表には9番高橋(4年/文京)と1番土屋がレフト前ヒットを放ち、2番大音のセンター前ヒットにより1アウト満塁のチャンスとなります。すると3番岩切が再びセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を獲得しました。また、5番上田(4年/小松)もレフトへのヒットにより、さらに1得点します。

上田

 

 

5回裏には1点を返されますが、8回の表には5番上田のレフトへのヒットや相手のエラーなどで2点を獲得し、全部で8点となりました。

守備では先発の橋本(4年/春日部)が5回を1失点5奪三振に抑え、6回から登板した福島(2年/蕨)は残り3回を無失点に抑える好投を見せました。

今回の試合は打線がつながって初回から点を取り、その後もコンスタントに得点することができ、8-1で勝利しました。次回の試合でリーグ戦も折り返しとなりますが、1部昇格に向けて確実に勝てるよう、試合に挑みます。応援よろしくお願いいたします。

☆次回の試合

5月3日 vs東京理科大学

@首都大学東京 13:30試合開始予定

(3年/マネージャー/永原真季)

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です