2017年5月7日(日)春季リーグ戦vs首都大学東京

こんにちは。本日は春季リーグ対首都大学東京戦が行われました。結果をご報告いたします。

<スコア>

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京学芸大学 0 0 × ×
首都大学東京 0 0 0 0 0 0 0 × × 0

 

<メンバー>                                  1.土屋(4)                                  2.大音(8)                                 3.岩切(9)                                 4.熊谷(5)                                 5.上田(3)→小室(7裏)                             6.河西(D)                                 7.福田(7)→遠藤(5裏)                          8.西原(6)                                 9.高橋(2)→丁野(1裏)                           P.阿部→荻沢(7裏)

学芸打線は初回からつながり先制点を挙げました。まず1番土屋(3年/韮山)がバスターを成功させます。続く大音(3年/春日部)も内野安打で出塁し、3番岩切(4年/加治木)は3塁線ぎりぎりのバントを決め、自身もセーフになります。ノーアウト満塁のチャンスで4番熊谷(4年/山形中央)がセンターへタイムリーヒットを放つち、二点を獲得しました。

土屋
熊谷

 

 

3回には死球で出塁した2番大音が盗塁を決め、3番岩切のセンター前ヒットなどで1アウト満塁となると、6番河西(4年/丸亀)が走者一掃のタイムリーツーベースヒットを放ち、3点を追加しました。

岩切

河西

 

また、5回にも河西がレフトへヒットを放ったことでさらに1得点します。

6回には9番丁野(3年/土佐)がレフト線へツーベースヒットを放つと、1番土屋がバントを決め、2番大音の犠牲フライにより1点を追加します。

さらに7回には四球で出塁した河西が本日2回目の盗塁を決めると、7番遠藤(3年/秋田)がセンターへヒットを放ち、もう1点を獲得しました。

遠藤

守備では先発の阿部が6回を被四安打、2四球、無失点に抑える好投を見せました。6回のピンチにはレフト遠藤とサード熊谷の連係プレーにより得点を許しませんでした。そして7回に登板した荻沢も三者凡退に抑え、8-0で勝利しました。

阿部
荻沢

 

 

今回の試合では初回から先制点奪い、学芸のペースのままコールドで試合を終えることができました。先週の試合でリーグ戦初ヒットを打った遠藤は今日の試合でもヒットで1打点、守備でも好プレーを見せました。これを含め今日は10安打、来週以降の試合でも期待したいです。

(3年/マネージャー/永原真季)

☆来週の試合                                  5月14日(日)                                 vs東洋学園大学 @岩槻川通り公園野球場 10:30試合開始


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)