2017年5月3日(水)春季リーグ戦vs東京理科大学

こんにちは。

昨日行われた東京理科大学とのリーグ戦の結果をお知らせいたします。

 

理|100 000 0|1

学|012 123 x|9

<メンバー>

1.土屋(4)

2.大音(8)

3.岩切(9)

4.熊谷(5)→石田(PR→5)(6裏→7表)

5.上田(D)→森田(PH)(6裏)

6.小室(3)

7.長縄(6)→馬場(6)(6表)

8.高橋(2)

9.遠藤(7)

P.福島(5)→荻沢(1)→板倉(1)

東京学芸大学の先発は「蕨のプリンス」こと福島康太郎(2年/蕨)です。初回こそ四球やヒットなどで先制を許しますが、その後は粘りのピッチングで追加点を与えません。

↑5回を1失点にまとめた先発の福島

打線は四球や盗塁などで小刻みに点数を奪います。4回にはリーグ戦初スタメンの遠藤(3年/秋田)がセーフティーバントを決めるなど機動力を生かした野球を展開します。

↑セーフティバントを含む3打数1安打の活躍を見せた遠藤

また、6回には森田(3年/豊多摩)が代打としてリーグ戦初出場を果たします。ここまで日の目を浴びることはありませんでしたが、鍛錬を続けてきた森田に否が応でもベンチの期待は高まります。みんなの思いを乗せた打球はライト前へと鋭く落ちるタイムリーヒットとなります。

福島は5回で降板しますが、6回を荻沢、7回を板倉と盤石の投手リレーで逃げ切ります。

試合に勝利することができましたが、今週の日曜日にはすぐ次の試合があります。目先の結果に一喜一憂することなく、優勝を目指して最善を尽くして参ります。応援のほどよろしくお願い致します。

(3年/主務/渡部健太郎)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)