2017年6月24日 国公立戦 vs首都大学東京

おはようございます。土曜日に国公立戦対首都大学東京を行いました。結果をご報告いたします。

〈スコア〉

学|111 031 1|8

首|000 000 1|1

〈メンバー〉

1.(9)高木

2.(4)池田

3.(DH)中村

4.(3)大野

5.(2)飯出

6.(7)古田→小谷野(5裏)

7.(8)本木

8.(5)筒井

9.(6)石田

P. 渡邉

攻撃では、1回表1番高木(1年/開智)の安打、4番大野(2年/高松第一)の2塁打などで1点を先制し、続く2回表には四球で出た6番古田(2年/大泉)を7番本木(2年/成蹊)が送り、9番石田(2年/小樽潮陵)のタイムリーツーベースで1点を追加します。

5回表では、四球でたまったランナーを5番飯出(2年/野沢北)のタイムリーツーベースで返し、そこに相手のエラーも重なり3点を追加、6回表には、四球で出た7番本木を8番筒井(2年/市立稲毛)、1番高木が送り、2番池田(2年/蕨)のタイムリーヒットでさらに1点を追加します。続く7回表、交代した7番小谷野(2年/日本大学第三)の三塁打、8番筒井の犠牲フライで8点目を追加します。

守備では先発渡邉(1年/田村)の好投が光ります。野手の好守備もあり6回までを無失点に抑えます。7回裏に1点を返されますが、後続を抑え、7回コールド8-1で試合は終了します。

今回の試合では、メンバーそれぞれが自分のいいところを出せて、力を発揮できたように思います。その結果として8-1というスコアで勝利をおさめることができました。しかし翌日の決勝対一橋戦では、多くの課題が露呈しました。今回の国公立戦を通じて学んだことを忘れず、これからも精進していきたいと思います。ご声援下さった皆様、誠にありがとうございました。これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)