2019年8月20日(日)オープン戦 vs獨協大学

こんにちは。
昨日は獨協大学とオープン戦を行いました。
試合結果をお知らせします。

学|011102000|5
獨|200000101|4

1.土屋(4)→石田(4)(8裏)
2.大音(8)
3.杉高(D)
4.熊谷(7→3)(7裏)
5.上田(3)→高木(9)(7裏)→本木(9)(9裏)
6.長縄(5)
7.飯出(2)
8.佐藤(9)→馬場(6)(6裏)
9.西原(6)→遠藤(PR→9→7)(6表、6裏、7裏)
 投 荻沢(7)→福島(2)

東京学芸大学の先発は今シーズンでの飛躍が期待される荻沢(2年/高岡)。初回こそ四球と安打で2点を失いますが、その後は打たせて取るピッチングで7回を3失点にまとめます。
打線は同点に追いついた後の4回、8番佐藤(3年/山形中央)が四球で出塁し、俊足を生かし盗塁を決めることでチャンスを広げます。1番土屋(3年/韮山)の内野安打で1死1・3塁とすると、2番大音(3年/春日部)の投手強襲内野安打で逆転に成功します。
6回には4番熊谷(4年/山形中央)の適時打が飛び出し、リードを3点に広げます。
守備では中堅手の大音、途中出場の遠藤(3年/秋田)の好捕が目立ちました。外野手によって強固なエリアを形成することができたということが今日の勝因の一つでもあると思います。
昨日の試合では相手に先制を許してしまいましたが、逆転、中押しと得点を奪うことができました。また、エラーや四球などがありながらも投手陣が踏ん張って投げました。これからも丁寧な試合運びをできるように尽力いたします。応援して頂きありがとうございました。
(3年/主務/渡部健太郎)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)