2017年8月30日(水)オープン戦vs東京農工大学

こんばんは。
本日は東京農工大学とオープン戦を行いました。
試合結果をご報告いたします。

学|000042011|8
農|020000010|3

1. 酒井(4)
2. 本木(8)
3. 加賀谷(2)→船場(2) (8裏)
4. 大野(3)→渡部(H→3) (9表→9裏)
5. 小林隆(D)→丸山(D) (9表)
6. 小谷野(7)
7. 古田(9)
8. 筒井(5)
9. 石塚(6)
投.渡邉→小林徹(6裏)→藏(7裏)→大島(9裏)

先攻の学芸は相手の先発ピッチャーに打たせて取られてしまい、4回までに打ったヒットは加賀谷(2年/秋田)と小谷野(2年/日本大学第三)の2本と打撃が振るわず、得点することができません。

加賀谷
小谷野

本日の学芸の先発ピッチャーは渡邉(1年/田村)です。初回は三者凡退にとりますが、続く2回、相手にヒットを許すと盗塁やバントをきめられ2点を先制されてしまいます。しかし、3、4、5回をきっちりと締め、追加点を許しません。

渡邊

 

 

試合も中盤にさしかかった5、6回に学芸の攻撃に勢いがつきます。バントヒットで出た筒井(2年/市

立稲毛)、本木(2年/成蹊)、四球で出た加賀谷、ライトへ打った大野(2年/高松第一)をしっかり還して5回に一挙4点を奪います。続く6回も先頭の古田(2年/大泉)が死球で出ると、続く8、9、1、2、3番が出塁し、さらに2点を追加します。

 

 

筒井
本木
大野
古田

学芸は後半、6回に小林徹(2年/宮崎大宮)、7、8回に藏(2年/江戸川学園取手)、9回に大島(4年/岡山城東)が継投し、相手打線をしっかりと封じ込め1失点に収めます。

 

小林徹史
大島

 

 

 

4点リードの学芸はその後8回にも、この回先頭の筒井がレフトへのヒットで出塁すると、本日すでに打点2の酒井(1年/岐阜)が犠牲フライで筒井を還し、この試合打点3の大活躍をみせます。続く9回は四球で出た途中出場の渡部(1年/会津)を代打丸山(1年/野沢北)、小谷野が進め、古田の犠牲フライで返し、点差を5点に広げ、試合は8‐3で終了します。

酒井
渡部雄貴
丸山

 

日ごろから東京学芸大学硬式野球部を応援していただいている皆様には本当に感謝しております。いよいよ秋季リーグ戦がスタートします。体調管理をしっかりとして悔いの残らないよう、部員全員で戦っていきたいと思いますので、これからもどうかご声援のほどよろしくお願いいたします。
(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)