2017年9月9日(土)秋季リーグ戦対東洋学園大学

こんばんは。
本日は秋季リーグ戦、東洋学園大学との試合を行いました。
結果をご報告いたします。

学|100 000 000 2|3
東|000 000 001 0|1

1. 土屋(4)
2. 大音(8)
3. 飯出(5)→石田(R→5)(8表→8裏)→杉高(H)(10表)→筒井(R→5)(10表→10裏)
4. 熊谷(7)
5. 上田(D)→本木(D)(9表)
6. 高橋(2)
7. 福田(9)→遠藤(9)(5裏)
8. 馬場(6)
9. 西原(3)
投.阿部→橋本(7裏)

先攻の学芸は四球を選んだ1番土屋(3年/韮山)を4番熊谷(4年/山形中央)がライトへのツーベースヒットで還し、初回1点を先制します。

土屋
熊谷

 

本日の先発阿部(4年/一関第一)は初回を三者凡退に抑え好調な滑り出しをみせます。5回にはレフト方向への痛烈な当たりが出ますが、ショート馬場(3年/会津学鳳)が懸命にとめ、長打とさせません。野手の心強い守備と力強いピッチングで、阿部は6回までを無失点に抑えます。

阿部

 

初回に先制したものの、学芸はなかなか追加点を奪うことができません。4回にはヒットで出塁した熊谷を順調に進めたり、福田(3年/盛岡第一)のセンター前ヒットが出たりするも、あと一歩というところで得点することができません。その後も得点はかなわず、1点差のまま9回の攻撃を終えます。

福田

7回からマウンドに上がった橋本(4年/春日部)は7、8回を安定したピッチングで相手打線を封じ込めます。しかし、この回を抑えれば勝利が決まるという9回、先頭バッターがヒットで出塁するとワイルドピッチと野手のエラーが重なり、1点を返されてしまいます。しかし次のバッターをしっかりと打ち取り、1-1の同点で延長戦となります。

橋本

延長10回、土屋がセンター前ヒット、代打杉高(3年/富山中部)が死球で出塁し、二死一二塁の場面で迎えたバッターは4番熊谷。初球をセンター方向深くまで運び、2人を還します。

土屋

2点差となり迎えた10回裏、橋本が相手を寄せ付けず三者凡退に抑え、3-1で学芸は勝利をおさめます。
3日の対工学院戦が雨天延期となったため、学芸にとって本日の対東洋学園大学戦が秋季リーグ戦初戦となりました。本日の試合は初回の1点先制後なかなか得点できないなか、ピッチャーが気持ちを切らさず相手を抑えられたこと、ピッチャーを助けるよい守備ができたことなどが勝因として挙げられました。また、バント、走塁などに関して課題も挙がりました。本日の勝利を無駄にしないように、リーグ戦を勝っていけるように、部員一同練習に励んでまいります。明日は13:00から工学院大学野球場でリーグ戦対首都大学東京を行います。応援よろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)