2017年9月10日(日)秋季リーグ戦対首都大学東京

こんばんは。
本日はリーグ戦対首都大学東京が行われました。結果をご報告いたします。

<スコア>
首|000 000 0 |0
学|080 530 ×|16

<メンバー>
1.(4)土屋→酒井(6表)
2.(8)大音
3.(D)杉高→長縄(6裏)
4.(7)熊谷→福田(6裏)
5.(3)上田→大野(6表)
6.(5)飯出→筒井(6表)
7.(2)高橋→丁野(6表)
8.(9)佐藤→小室(4裏)→遠藤(5表)
9.(6)馬場→石田(6表)
P.荻沢→飯倉(6表)→福島(7表)

守備では先発の荻沢(2年/高岡)が1回表を三者凡退に抑えます。
1回裏、1番土屋(3年/韮山)がセンターへヒットを放ち、2番大音(3年/春日部)の打席で盗塁を決めます。大音も内野安打を放ち、更に盗塁も決め、初回から1,2番でノーアウト2,3塁のチャンスを作りましたが、その後は抑えられました。
2回表には2アウト3塁のピンチを迎えます。そこで出たあわや内野安打の当たりを、セカンド土屋は鮮やかな守備でアウトにして荻沢を助けました。
土屋の好プレーで盛り上がった学芸は2回裏、先頭バッターの6番飯出(2年/野沢北)が高めに来た球をレフト前に運び、続く7番高橋(4年/文京)も高めを見事に打ち、8番佐藤(3年/山形中央)が死球を受け、ノーアウト満塁になります。
この場面でバッターは9番馬場(3年/会津学鳳)。思いっきり振った初球は右中間へ飛び、走者一掃のタイムリースリーベースとなりました。
続く1番土屋は四球を選び、2番大音の打席で再び盗塁を決めると、大音の3塁線沿いのバントで馬場が帰り更に1点を追加します。
その後1アウト1,3類の場面で4番熊谷(4年/山形中央)が右中間へのツーベースヒットを放ち1得点、5番上田(4年/小松)は左中間へツーベースヒットを放って2得点、その後ゴロで1得点し、2回裏に8点を奪いました。
ピッチャーの荻沢は味方のいい流れを受けて3,4,5回を無失点に抑えます。5回にはショート馬場の素晴らしい守備が光りました。
攻撃では4回裏、死球により1アウト1,2塁の場面で7番高橋の左中間へのツーベースヒットにより1点を獲得しました。四球も絡み1アウト満塁で、バッターは2回に3打点の馬場。レフト前ヒットを放ち1点を追加します。その後死球による押し出しでさらに2点を獲得しました。
5回裏では先頭バッター5番上田のレフト前ヒットに続き、6番飯出が見事なホームランをレフトへ放ち、2得点します。続く7番高橋もライトへツーベースヒットを放つと、本日絶好調の9番馬場がセンター前へ本日3本目のヒットを放ち、16点目を奪いました。
6回からは守備を1,2年生中心に変え、油断せずに緊張感のある守備攻撃となりました。
攻撃では追加点をあげることはできませんでしたが、6回に登板した飯倉、7回に登板した福島が無失点に抑え、7回コールド16-0で学芸が勝ちました。
今回は打線がつながり16点という大量得点ができました。攻守ともに好プレーが多かったのです。特に馬場は教育実習中にもかかわらず3打数3安打、守備でも活躍しました。
一方で全体としてミスがあったり、投手陣にも課題がありました。
来週は高千穂大学との試合を行います。さらに気を引き締めて練習、試合に取り組みます。応援よろしくお願いいたします。

(3年/マネージャー/永原真季)

☆次の試合の日程
日にち:9月16日(土)
会場:岩槻川通球場
対戦校:高千穂大学
13:30試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)