2017年9月16日(土)秋季リーグ戦対高千穂大学

こんばんは。

本日はリーグ戦対高千穂大学が行われました。

結果をご報告いたします。

〈スコア〉

学|001 003 000|4

高|000 000 000|0

 

〈メンバー〉

1. (4)土屋

2. (8)大音

3. (D)杉高

4. (7)熊谷

5. (3)上田

6. (5)飯出→石田(8裏)

7. (9)佐藤→遠藤(6裏)

8. (2)高橋

9. (6)馬場

P. 阿部

 

本日の試合は前回の対東洋戦で6回無失点と好投をみせた阿部(4年/一関第一)がマウンドに上がります。

阿部

気迫溢れる投球とショート馬場(3年/会津学鳳)をはじめとする野手陣の堅い守備で順調にアウトを重ねていきます。

馬場

 

学芸打線は3回、1アウトの場面から土屋(3年/韮山)がライトオーバーの二塁打で塁に出ます。2番大音(3年/春日部)のショートゴロの間に進塁し、二死三塁で迎えたバッターは指名打者杉高(3年/富山中部)。ベンチも大歓声のライトへのタイムリーヒットを放ち、先制点を手にします。

土屋
杉高

 

 

 

その後両チーム無得点のまま試合は進みます。なんとしても追加点の欲しい学芸は6回に猛攻をみせます。先頭打者は大音。死球で塁に出ると、続く3番杉高の左中間への強烈な二塁打の間に俊足を活かし生還。1点を追加します。

大音

 

無死二塁となおもチャンスは続き、ここでバッターは2回にセンターヒットを打っている4番熊谷(4年/山形中央)。ライト線への打球はスリーベースヒットとなり、3点目を手にします。

熊谷

さらに5番上田(4年/小松)が四球を選び、無死一三塁とします。続く6番飯出(2年/野沢北)のショートゴロによるダブルプレーの間に1点を追加。4対0と点差を広げることに成功します。

 

その回の裏、相手打線の安打などによって、一死一三塁とピンチが訪れますが、阿部の力強い投球で続くバッターを打ち取ります。さらには強肩高橋(4年/文京)が盗塁を刺し、きっちり無失点に抑えます。

その後も阿部の好投は続き、9回を投げ奪三振6、被安打6、失点0と相手打線をしっかり抑え、学芸大学が勝利いたしました。

 

今回は、ピッチャーの好投、チャンスでしっかり打てていた打線、エラーをせず確実にアウトを取っていた守備によって、流れを学芸のものにし、この大事な一戦を制することが出来ました。

本日は、橋本さんのご両親、飯出さんのご両親、東京学芸大学硬式野球部OBの方々から差し入れをいただきました。いつも応援ありがとうございます。

次の試合は9月18日(月)対工学院大学の予定です。今日の勝利を糧に、これからの試合に臨んでいきます。応援よろしくお願いいたします。

 

(1年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)