2017年9月24日(日)秋季リーグ戦対工学院大学

こんばんは。本日は秋季リーグ戦対工学院大学が行われました。

結果をご報告いたします。

〈スコア〉

学|032 051 0|11

工|000 000 0|0

 

〈メンバー〉

1. (4)土屋

2. (8)大音

3. (D)杉高→(PH)大野(6表)

4. (9)熊谷→遠藤(5裏)

5. (3)上田→西原(5裏)

6. (5)飯出→長縄(5裏)

7. (7)小谷野→ (PH→7)福田(4表→4裏)

8. (2)高橋→丁野(6裏)

9. (6)馬場→(PH)中村(6表)→(6)石田(6裏)

P. 福島→飯倉(6裏)→大島(7裏)

 

本日の試合の先発は福島(2年/蕨)。5回を投げ、打たれた安打はわずかに3本と相手打線を封じ込めます。

福島

対する攻撃では、2回、先頭打者上田(4年/小松)が安打で塁に出ます。続く飯出(2年/野沢北)のファーストゴロの間に上田が進塁し、一死二塁の状況でバッターは今季初出場にしてスタメンの小谷野(2年/日本大学第三)。センター前への強烈な当たりはタイムリーヒットとなり、先制点を手にします。さらに四死球による二死満塁の場面で、2番大音(3年/春日部)がセンター前ヒットを放ち、ランナー2人が生還。さらに2点を追加します。

小谷野

 

3回には上田がレフト方向にソロホームランを放ちベンチを沸かせます。その後4人が四球を選び1点を追加。この回終わって5対0とリードを広げます。

上田

 

しかし本日の学芸打線の勢いは留まるところを知りません。5回には先頭打者の8番高橋(4年/文京)が安打で塁に出ると、9番馬場(3年/会津学鳳)の犠打で一死二塁、続く1番土屋(3年/韮山)が右中間への二塁打を打ち、1点を追加します。

さらに、2番大音の犠打で二死二塁。ここで3番杉高(3年/富山中部)がタイムリーツーベースを放ち、この回2得点目。

大音
杉高

4回にヒットを打った4番熊谷(4年/山形中央)は四球を選びます。二死一二塁の場面で、打席に立ったのはここまで3打数3安打と絶好調の5番上田。この打席でもレフト方向へ二塁打を放ち、8点目を手にします。

その後6番飯出の安打で1点、さらに相手の暴投により1点を追加し、この回一挙5得点とします。

 

6回には高橋、土屋、大音が四球を選びます。土屋の俊足を活かした盗塁もあり、一死満塁となります。ここでバッターは代打大野(2年/高松第一)。ライト前ヒットを打ち、1点を追加します。

土屋

 

守備では6回からは飯倉(2年/市立浦和)、7回からは大島(4年/岡山城東)がマウンドに上がり、どちらもしっかり相手打線を抑え、11対0で試合は終了いたしました。

 

本日の試合では打線が好調で、打って点が取れたことや、投手が0点に抑えられたことで勝利することができました。さらには初スタメンの小谷野が先制点をあげたこと、代打で出たメンバーが初球から積極的に打とうとしていたことなど良い面もあった一方、残塁が多いなど内容的に改善すべきところもありました。今回見つけた課題を次の試合に活かしていけるよう努めてまいります。

 

次の試合は10月1日(日)東洋学園大学での対首都大学戦です。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

(1年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)