2017年10月1日(日)秋季リーグ戦対首都大学東京

こんばんは。
本日は秋季リーグ戦、対首都大戦を行いました。
試合結果をご報告します。

学|00540003|12
首|20200000|4

1二 土屋
2中 大音
3指 上田
4右 熊谷
5一 大野
6三 飯出
7左 佐藤
8捕 高橋
9遊 馬場
投 阿部

本日の先発は阿部(4年/一関第一)。初回、相手のヒットと味方のエラーとが重なり、学芸は2点を失います。
3回、2点を追う学芸打線に火がつきます。
1番土屋(3年/韮山)のツーベースヒットを皮切りに、2番大音(3年/春日部)、4番熊谷が四死球で出塁し満塁になったところで、今季初スタメンの2年大野(2年/高松第一)がセンターへヒットを打ち、2点を奪いゲームを振り出しに戻します。勢いに乗った学芸の次のバッターは飯出。思い切り打った打球は、スリーランホームランとなり、学芸のベンチを沸かせます。

 

 

飯出

3回表に5点と大量得点した学芸ですが、裏では四球、ヒットと3、4、5、6番に出塁され2点を返され、点差はわずか1点となってしまいます。
続く4回、点差を広げたい学芸は攻撃の手を緩めません。変わったピッチャーに惑わされることなく、
9番馬場(3年/会津学鳳)が四球を選ぶと、相手のミスを見逃さず続くバッターも出塁し、4番熊谷(4年/山形中央)を前にして満塁となり、ベンチの期待は高まります。熊谷は期待に応えレフトへのツーベスヒットを打ち、ランナーを還します。この回も学芸は4点を追加します。

熊谷

味方の大量得点による援護を受けた阿部は、4、5回を力強いピッチングでしっかりと抑え追加点を許しません。

 

阿部

再び学芸打線に火がついたのは8回。俊足土屋、大音は四球を選んで出塁すると、華麗な盗塁を決めます。続く上田、熊谷、途中出場の西原(2年/町田)がそれぞれヒットを打ちこの回3点を追加します。

上田

 

西原

6回からマウンドに上がった橋本(4年/春日部)は6、7、8回を抜群の安定感で抑え相手打線を寄せつけません。確実に相手バッターを打ち取り3回を無失点と好投し、8回コールド12-4で試合は終了し、学芸は勝利をおさめました。

橋本

本日の試合は入りが良くなく、そこをどう耐えるか、自分たちで傷口を広げずにどう切り替えるかということが課題として上がりました。そのような時こそ、細かなプレーを確実にしていこうという意見も挙がりました。来週の試合は4年生の教育実習があったりして普段と違う流れになったりするかもしれません。今日の反省や出た意見を生かして乗り切っていけるよう頑張ります。今後とも応援よろしくお願いします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)