4/21(土)春季リーグ戦対日本大学生物資源科学部①

こんばんは。本日行われました、リーグ戦、対日本大学生物資源科学部の試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|002 131 2|9
日|001 000 1|2

〈メンバー〉
1(中)大音
2(二)土屋→石田(7裏)
3(一)佐藤
4(指)杉高→(R→D)池田(6表→6裏)
5(左)福田→本木(6裏)
6(右)遠藤
7(捕)飯出→(H)中村(7表)→(捕)丁野(7裏)
8(遊)馬場→石塚(6裏)
9(三)西原→(H)小谷野(7表)→(三)筒井(7裏)
投 荻沢→高木(6裏)→古田(7裏)

 

先制点がほしい学芸は3回、二死の状況で土屋(4年/韮山)が四球を選び塁に出ます。土屋が盗塁を決め二死二塁とし、続く佐藤(4年/山形中央)も四球で出塁。ここで俊足の二人はさらに盗塁を決め、二死二三塁とします。
このチャンスで打席に立つのは学芸の主砲、4番杉高(4年/富山中部)。見事に右中間のツーベースを放ち2点を先制します。

杉高

4回には相手の四球が重なった上に、盗塁やバントなどで確実にチャンスを広げ1点を追加します。

さらに5回、相手のエラーと四球で1点を追加すると、なおも二死満塁とします。ここでバッターは大音(4年/春日部)。センター方向へヒットを打ちさらに1得点します。

大音

 

本日の先発は荻沢(3年/高岡)。気迫あふれるピッチングで5回1失点とします。

荻沢

6回には佐藤が四球で出塁し、盗塁を決めて無死二塁とすると、杉高がレフトへヒットを放ち1点を追加。7回も四球で塁に出た石塚(2年/旭野)を大音がツーベースヒットで還し、その大音を土屋がセンターへのヒットで還して2得点とします。

 

守備では6回に高木(2年/開智)、7回に古田(3年/大泉)がマウンドに上がります。7回には1失点してしまうものの両者圧巻のピッチングをみせ、最終スコア9対2、学芸大学の勝利で試合は終了しました。

 

今回の試合では、足を活かした攻撃ができた一方、守備の雰囲気が悪かったり、ベンチの雰囲気が緩かったりと反省点もあげられていました。これからの試合では、そのようなことがないよう、より一層気を引き締めて試合に挑んでまいります。
これからも応援よろしくお願いいたします。

 

(2年/マネージャー/村田奈央)

 

☆次の試合
4/22(日)対文京学院大学戦 第2試合 13:30開始予定 @東洋学園大学流山キャンパスグラウンド

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)