5/4(金)対高崎中央ボーイズ 第1試合

こんばんは。昨日行われましたオープン戦、対高崎中央ボーイズの試合結果をお知らせいたします。

〈スコア〉
学|000 103 000|4
高|022 030 00×|7

〈メンバー〉
1.(右)三宅
2.(中)西澤
3.(左)石川
4.(指)小谷地
5.(三)石井
6.(一)渡部(裕)
7.(遊)瀬川
8.(捕)高澤
9.(二)清水
投. 邑澤→加藤(4裏)→河野(7裏)

 

1年生のみで行われた昨日の試合の先発は邑澤(1年/山口)。気迫あふれるピッチングで3回を投げ5奪三振とします。しかし野手のエラーもあり、強力相手打線を前に4失点してしまいます。

 

攻撃では1回、2番西澤(1年/野沢北)が左中間への三塁打を放ち一気にチャンスをつくったものの、後続が続くことが出来ず、得点とはなりません。

しかし学芸の強打者達と同じ野沢北の魂を受け継ぐ彼のバッティングはまさに圧倒的でした。4回の先頭打者として打席に立つと、その初球でした。ライト方向に痛烈なホームランを放ち、一気にベンチを沸かせます。

 

4回からは加藤(1年/吉田)がマウンドに上がります。5回には3点を奪われてしまったものの、4回にはセカンド清水(1年/沼津東)、6回にはショート瀬川(1年/春日部共栄)のナイスな守備もあって、しっかりと相手打線を封じます。

7回からマウンドに上がったのは河野(1年/所沢北)。力強いピッチングをみせ、2回を投げ無失点とします。

 

逆転したい学芸は6回、清水が相手のエラーを誘い塁に出ます。続くバッターは1番三宅(1年/金光学園)。ライト方向へ見事ヒットを放ちます。その後相手のエラーの間に清水が生還。1点を返します。無死三塁となおもチャンスの場面でバッターは先ほどホームランを放った西澤。もはや彼の勢い止められるものはいません。右中間へ驚異の二打席連続ホームランを放ち2点を返し4対7とします。
その後石川(1年/岡山一宮)がレフト方向へ安打を放ちチャンスをつくりましたが得点にはつなげられず。

7回にも清水がライト方向への二塁打も打ったもののその後ヒットが出ることはなく、最終スコア4対7で高崎中央ボーイズの勝利で試合は終了いたしました。

 

その後、高崎中央ボーイズさんのお母様方がつくってくださったカレーを食べ、二試合目も行いました。そちらの結果報告も併せてご覧いただけますと幸いです。高崎中央ボーイズの皆様ありがとうございました。

 

(2年/マネージャー/村田奈央)

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)