5/4(金) 対高崎中央ボーイズ 第2試合

高崎中央ボーイズとの2試合目の結果をご報告いたします。

〈スコア〉
高|003000000|3
学|00000014x|5x

〈メンバー〉
1西澤(右)
2柚木(中)
3加藤(左)
4河野(一)→梅原(投)(4表)→三宅(投)(7表)
5邑澤(三)
6小谷地(捕)
7渡部(遊→二)(8表)
8清水(二)→瀬川(PH→遊)(7裏→8表)
9伊戸(投→一)(4表)

〈レポート〉
2試合目、学芸の先発は伊戸(1年/藤島)。先頭バッターを三振に取ると、その後もテンポよくアウトを奪います。2回にはセカンド清水(1年/沼津東)、ショート渡部(1年/会津)、ファースト河野(1年/所沢北)がしっかり守ってダブルプレーにし、ベンチを沸かせます。しかし続く3回、四死球でランナーを出したところでホームランを打たれて、3失点。しかし続くバッターの打ち上げた打球をレフト加藤(1年/吉田)がしっかり取ってスリーアウトにします。
学英はなかなか攻撃させてもらえません。初回、死球で出た柚木(1年/鶴丸)が果敢に走って盗塁を成功させますが、後続が打つことができず得点になりません。3回終わって3‐0となります。
4回、学芸のピッチャーは梅原(1年/都立新宿)に代わります。安定した投球で、5回6回を三者凡退に抑えます。キャッチャー小谷地(1年/八戸)も二塁へ走ったランナーを刺し、強肩を魅せます。
7回からマウンドに上がったのは三宅(1年/金光学園)。7回を三者凡退、8回までをノーヒットで抑える好投で学芸に勢いを与えます。
7回、ツーアウトで打席に立つのは伊戸。ベンチの期待がかかる中、レフトへツーベースヒットを打つ大活躍。つづくバッターは1試合目に2本のホームランを放った西澤(1年/野沢北)。期待に応えたセンターへのツーベースヒットで伊戸を還します。点差を2点に縮め、迎えた8回、学芸の攻撃に火がつきます。先頭バッターは好投して勢いに乗っている三宅。強く打ち返した初球はライトへのツーベースヒットとなります。7番渡部も四球で出塁。二死一二塁から瀬川(1年/春日部共栄)のヒットで三宅が還り、1点。つづく伊戸も四球で出塁します。打順はトップへ帰り、1番西澤、2番柚木のヒットで瀬川、伊戸が還り2点追加。3‐5と逆転に成功します。
9回、ヒットを打たれますが、9人でしっかり守って無失点に抑え、試合は3‐5xで東京学芸大学の勝利となります。
本日の試合後のミーティングでは、頭を使って野球をしなくてはいけないとのお話がありました。また、選手からも今回の2試合を通した反省がたくさん出ました。大学野球が始まったばかりの1年生にとって、これから4年間どのように野球に向き合っていくのかなど、とても考えさせられた1日になったと思います。
最後になりますが、本日OP戦をしてくださった高崎中央ボーイズの皆さま、ほんとうにありがとうございました。また、高崎中央ボーイズの皆さまにはおいしい昼食を用意していただき、差し入れもいただきました。部員一同、本日の経験を今後に生かせるよう、精進してまいります。本日は本当にありがとうございました。

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)