6/24(土)H30年度国公立戦 対首都大学東京

おはようございます。昨日行われましたH30年度国公立戦、対首都大学東京の試合結果をお知らせいたします。

〈スコア〉
学|020 230 00|7
首|000 400 00|4
(8回雨天コールド)

〈メンバー〉
1(二→三)酒井(8裏)
2(遊)石塚
3(指)高木
4(一)渡部(雄)
5(左)丸山
6(三)小林(隆)→(H)伊戸(8表)→(二)渡部(裕)(8裏)
7(右→中)三宅(6裏)
8(捕)小谷地
9(中)西澤→(H→9)柚木(6表→6裏)
P 邑澤→加藤(4裏)→河野(5裏)

 

学芸は2回、先頭打者の4番渡部(雄)(2年/会津)がライト前ヒットで塁に出ます。そして続く丸山(2年/野沢北)の強烈な左中間スリーベースヒットの間に渡部が生還。先制に成功します。その後一死三塁でバッターは三宅(1年/金光学園)。右中間にタイムリーヒットを放ちさらに1点を追加します。

丸山

 

今試合の先発は邑澤(1年/山口)。力強い投球で3回を投げ3安打無失点とします。

邑澤

だんだんと雨脚が強くなってきた4回には相手のエラーや四球が重なり、さらに2点を追加し、4-0とします。
その裏、邑澤に代わってマウンドに上がった加藤(1年/吉田)でしたが、ヒットや四死球、野手のエラーも重なり、4失点してしまいます。

 

同点で迎えた5回。リーグ戦ではピッチャーとして大活躍だった高木(2年/開智)がセンター前ヒットで出塁。バッティングでもその存在感をみせます。さらに続く渡部(雄)がライトへツーベースヒットを放ち一死二三塁とチャンスを迎えます。ここでバッターボックスに立ったのは5番丸山。その一球目でした。左中間への打球は見事ツーベースに。この間に2点を追加し勝ち越しに成功します。その後、二死二塁となおもチャンスの状況で三宅がヒットを放ち、もう1点追加。7対4とします。

渡部(雄)

また、6回以降は得点が入ることはありませんでしたが、8回には三宅がライト線に痛烈なツーベースを打ち、今試合4打数3安打と1年生ながらにその存在感を知らしめます。

三宅

守備では5回から河野(1年/所沢北)がマウンドに上がります。球威のあるボールでパワフルな投球を見せ、4回を投げ打たれたヒットはわずかに1本と、相手打線を封じ込めます。
そして雨のため試合は8回コールドとなり、最終スコア7-4で東京学芸大学が勝利いたしました。

河野

 

今試合では、長打が多く、また攻撃面でクリーンナップがしっかりと機能していました。
しかしベンチワークや試合を通しての集中力など、課題も指摘されていました。

この課題を克服しながら、これからの試合にも臨んでいきます。皆様、これからも応援よろしくお願いいたします。

 

(2年/マネージャー/村田奈央)

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)