6/24(日)国公立戦決勝戦 VS東京大学

本日国公立戦決勝戦 vs東京大学の試合を行いました。結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 123 000  0 |6
東|030 102 000 1x|7x

〈メンバー〉
1(二→三)酒井(9裏)
2(遊)石塚
3(指)高木
4(左)丸山
5(一)渡部雄
6(右)三宅
7(三)小林隆→PH石川(9表)→(二)渡部裕(9裏)
8(捕)小谷地
9(中)西澤
投 伊戸→梅原(6裏)→加藤(8裏)

本日の先発は伊戸(1年/藤島)。力強い投球で初回を難なく終えますが、2回、ランナーのたまったところでホームランを打たれてしまい、一挙3失点。しかし気持ちを切らすことなく、続く3回はたった5球でスリーアウトを奪い、ベンチを盛り上げます。

伊戸(1年/藤島)

守備の勢いを引き継いだ4回、学芸が攻撃ののろしあげます。指名打者高木(2年/開智)がセンターへ打った打球はツーベースヒットとなります。続く丸山(2年/野沢北)、渡部(2年/会津)が高木を進塁させ、まず1点詰めることに成功します。しかしこの回の裏、ヒットでまた1点返されてしまいます。

高木(2年/開智)

変わらず点差3点を追う学芸は、5回、ツーアウトから西澤(1年/野沢北)、酒井(2年/岐阜)、石塚(2年/旭野)が連続でヒットを打ち、西澤が還って1点。酒井、石塚のダブルスチールが決まりさらに1点を返します。この回の裏は伊戸がばっちり三者凡退におさえ、5回終わって3-4まで迫ります。
6回、三宅(1年/金光学園)のライト前ヒットを皮切りに、小谷地(1年/八戸)、西澤もヒットで後に続きます。相手のエラーもあってこの回の3得点し、逆転に成功します。6回からマウンドに立ったのは梅原。代打の連続の中でテンポよくバッターを打ち取っていきます。しかし、死球でランナーを出したところで代打にホームランを打たれ2失点し、同点になります。

三宅(1年/金光学園)

その後も渡部雄、小林隆(2年/松本深志)のヒット、そして西澤の本日3番目のヒットなどありますが、得点には結びつきません。8回、代わったピッチャー加藤(1年/吉田)も負けじと相手打線を封じ込め、得点させません。9回終わって依然6-6のまま、ノーアウト一二塁から始まるタイブレークへと突入します。
三宅、渡部裕(1年/会津)をランナーにおいてバッターは西澤。期待のかかる中、本日4本目のヒットをライトへ飛ばします。しかし後が続かず得点はかないませんでした。得点させるわけにはいかない10回裏でしたが、一部プレーが協議となり、気持ちを切り替えきれなかったのかヒットを許し、得点されてしまいます。点を取り合い奮闘し合った決勝戦は、10回6-7xで東京大学の勝利となりました。

西澤(1年/野沢北)

試合後のミーティングでは、長打に頼らず”打線”で戦うことができたこと、各々の持ち味が発揮されていたことなどが良かった点として上がりました。また、走塁や守備位置など、試合だからこそ発見された課題も多くありました。国公立戦3試合を通して学んだことをしっかりと練習に落とし込んでいきたいとおもいます。
また、本日は伊戸、渡部裕のお家の方から差し入れを頂きました。ありがとうございます。応援してくださった皆様、ありがとうございました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)