8/3(木) OP戦 対成蹊大学

本日はOP戦 対成蹊大学の試合を行いました。結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|104 100 000|6
成|000 100 000|1

〈メンバー〉
1(中)大音
2(二)土屋→中村(6裏)
3(一)佐藤→(一→三)小林隆(6裏→8裏)
4(指)杉高→三宅(7表)
5(捕)飯出→加賀谷(6裏)→小谷地(8裏)
6(三→一)酒井(8裏)
7(左)福田→(PH→左)小谷野(6表→6裏)
8(遊)石塚→石田(5裏)
9(右)遠藤→(PH→右)丸山(6表→6裏)

先攻の学芸の先頭バッターは大音(4年/春日部)。四球を選び出塁すると、すぐさま盗塁を決め2塁へ進みます。2番土屋(4年/韮山)、3番佐藤(4年/山形中央)が大音を進塁させ、あっという間に先制点を奪います。3回、打線がつながり大量得点に成功します。この回先頭の石塚(2年/旭野)、続く遠藤(4年/秋田)がヒットを放ち、ノーアウト1、2塁の場面で打順は上位に返ります。大音、土屋もヒットで続き、前二人を還して2得点。相手のミスと続くバッターの確実な進塁打でこの二人も還り、5‐0と点差を広げます。続く4回、四球で石塚が出塁、遠藤も俊足を生かしたバントヒットで続きます。相手のミスを見逃すことなく、足を使って着々と進塁し、石塚が生還しさらに1得点に成功します。試合前半、順調に得点を重ねていた学芸ですが、5回以降は代わったピッチャ―によって抑え込まれてしまいます。酒井(2年/岐阜)、途中出場した中村(3年/青森)のヒット、また石田(3年/小樽潮陵)の絶妙なバントなど光りますが、いずれも得点に結びつけることはできず、これ以上の攻撃はかないませんでした。
学芸の先発は荻沢(3年/高岡)。初回に四死球を与えるものの、2回3回は三者凡退、3回を通してノーヒットと貫録を見せつけます。テンポよくアウトを奪い、勢いに乗った味方の攻撃を後押しします。4回、ピッチャーは伊戸(1年/藤島)に交代します。先頭バッターを四球で出してしまい、4番のヒットで還られますが、後続をしっかりと打ち取り、4回5回を1失点で抑えます。6回、マウンドへ上がった飯倉(3年/市立浦和)は、先頭バッタ―をヒットで出しますが、隙を突いた牽制でアウトにし、なんと6球でスリーアウトを奪いチェンジとします。7回も無失点に抑え、思うように得点できずにいる味方を支えます。8回9回を投げたのは加藤(1年/吉田)。四球を重ねてしましますが、肝心なところは確実に打ち取っていきます。2回を通して三振を3つ奪う力強い投球で、最後まで得点を許しませんでした。
本日の試合後のミーティングでは、前半ヒットだけに頼らない攻めが展開できていたことが良かった点として挙がりました。反省点としては、守備のリズムが悪いこと、集中しきれていないことやそれによるサインミスがなくならないことが話されました。連日暑い日が続いていますが、体調管理をしっかりとし、一日一日集中して試合や練習に臨んでいこうと思います。次のOP戦は8/7(火)対作新学院大学です。応援のほどよろしくお願いいたします。

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)