10/27(土)秋季リーグ戦 対高千穂大学

こんばんは。本日の秋季リーグ戦、対高千穂大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
高|001 000 100 000|2
学|101 000 000 001x|3

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋
3.(5)佐藤
4.(2)飯出→(PR)酒井(12裏)
5.(D)杉高→(PR)石田(12裏)
6.(9)遠藤
7.(3)福田→(PH→7)丸山(8裏→9表)
8.(7)三宅→(PH)小林隆(8裏)
→(3)大野(9表)
9.(6)石塚
投.荻沢(6 1/3)→高木(0 2/3)
→福島(3)→河野(2)

東京学芸大学本日の先発は荻沢。先頭打者に出塁を許したものの、後続の打者を打ち取り初回を無失点に抑えます。

(本日先発の荻沢)

打線は初回、2番土屋(4年/韮山)が四球で出塁すると、3番佐藤(4年/山形中央)がヒットエンドランを決め、一死一三塁のチャンスを作ります。4番飯出(3年/野沢北)が四球で繋ぎ、直近3試合で打率4割5分超と好調の杉高を迎えます。カウント1-1から相手投手の球を詰まりながらもライト前に運び、先制点を叩き出します。

(先制タイムリーを放った杉高)

3回に1点を失いますが、その裏に4番飯出が適時二塁打を放ちすぐさま勝ち越しに成功します。

(勝ち越し二塁打を打った飯出)

7回、ここまで好投を続けてきた荻沢ですが相手打者の連打を浴び、一死一二塁のピンチを招きます。7回途中1失点の好投ながらも後続の高木(2年/開智)に後を託しマウンドを降ります。しかし、次打者の安打により一死満塁とピンチを広げると、相手打者のスクイズにより試合を振り出しに戻してしまいます。

以降、両チームチャンスを作るものの点を獲ることのできない緊迫したゲーム展開となります。

試合終了時間も差し迫り、最終回となった12回表、4番手の河野(1年/所沢北)が一死二塁のピンチを迎えます。気迫の投球で何とか抑え、勝利へ望みを繋ぎます。

(好リリーフの河野)

12回裏、3番佐藤、4番飯出の連続安打等で無死満塁のチャンスを作ります。最後にして最大のチャンスで打席に立つのは本日無安打の遠藤(4年/秋田)。相手投手の3球目を振り抜いた打球はセンター前への安打となり、今シーズン初のサヨナラ勝ちをすることが出来ました。

(サヨナラタイムリーを放った遠藤)

本日の試合は、ピンチとチャンスが常に入れ替わる、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。そのような展開の中で勝利を掴むことが出来たのは非常に大きい収穫であったと感じております。
本日の勝利は試合に出ているメンバーのみならず、部員一同、また応援して頂いている皆様のお陰で掴み獲ることの出来た勝利であります。この勝利を次に繋げることが出来るように、明日の試合にも臨みます。

また、本日の試合に際しまして、土屋、佐藤、福田、永原、飯出、志太の親御様より差し入れの方を頂きました。また、佐藤のご友人より差し入れの方を頂きました。
ありがとうございました。

(4年/主務/渡部健太郎)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)