10/27(日)秋季リーグ戦 対高千穂大学

こんばんは。
本日は秋季リーグ対高千穂大学戦を行いました。結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|500 002 011|9
高|002 000 010|3

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋
3.(5)佐藤
4.(2)飯出
5.(D)杉高
6.(9)遠藤
7.(7)丸山→(R→7)三宅(7表)
8.(3)福田
9.(6)石塚
P.邑澤→高木(7裏)

試合は初回から大きく動きます。四球や相手のエラーで1アウト満塁となると、5番杉高(4年/富山中部)と6番遠藤(4年/秋田)が四球を選び、押し出しで2点を先制します。なおも2アウト満塁の場面でバッターは8番福田(4年/盛岡第一)。畳み掛けたいところで福田の打球は値千金のレフトオーバーのヒットとなり、3点を追加します。

福田

 

先発の邑澤(1年/山口)は3回裏に2失点するも、6回まで落ち着いたピッチングでヒット4本に抑えます。

邑澤

6回表、初回以降無得点の状況を破ったのは、昨日サヨナラヒットを打った6番遠藤。ライトオーバーの3塁打を放ちます。

遠藤

続く7番丸山(2年/野沢北)もレフトへヒットを放ち、貴重な1点を追加しました。更に8番福田がバントを決め、1番大音(4年/春日部)がレフト前ヒットで出塁し、1アウト2,3塁とします。このチャンスで2番土屋(4年/韮山)がライト前ヒットを放ち、もう1点を追加しました。

8回表には、2番土屋が四球を選ぶと盗塁を決め、ゴロの間に3塁へ進みます。ここでバッターは4番飯出(3年/野沢北)。期待に応えるレフト前ヒットで1点を奪いました。

8回裏に1点を返されますが、東京学芸大学は最後まで攻撃の手を緩めません。9回表、好調の6番遠藤がライトへのスリーベースヒットを放ち、出塁します。続くバッターの犠打送球エラーの間に還り、1点をもぎ取りました。

9回裏は、この回登板した河野(1年/所沢北)が気迫溢れるピッチングで抑え、9-3で東京学芸大学が勝利しました。

この勝利をもって、東京新大学野球連盟2部リーグ戦での優勝も決定致しました。優勝は2016年の春リーグ以来、5季ぶりです。優勝できたのも、たくさんのご声援、ご支援のおかげです。またこの2試合を中心にたくさんの方に応援に来ていただきました。ありがとうございました。
リーグ戦はあと1試合残っています。最後勝ち取り、自信を持って入れ替え戦に臨みます。

また、本日大音・遠藤のご家族の方、中野監督の教え子の方、OBの方々より差し入れを頂きました。ありがとうございました。

☆次の試合
11/3(土)
【対戦相手】首都大学東京
【試合会場】東洋学園大学
【試合時間】10:00

☆入れ替え戦 対駿河台大学
11/10(土)
【試合会場】岩槻川通り公園野球場
【試合時間】9:00
11/11(日)
【試合会場】岩槻川通り公園野球場
【試合時間】15:00(第3試合)

(4年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)