11/3(土) 秋季リーグ戦 対首都大学東京

こんばんは。本日の秋季リーグ戦、対首都大学東京の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|101 010 200 1|5
首|010 001 200 0|4
(延長10回)

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4→7)土屋(7裏)→(9)遠藤(9裏)
3.(7)丸山→(PH→5)佐藤(7表→7裏)
4.(2)飯出
5.(D)杉高
6.(5→4)酒井(7裏)
7.(9→7)三宅(9裏)
8.(3)福田
9.(6)石塚
投.邑澤(3)→加藤(2)
→高木(2)→河野(2)→荻沢(1)

学芸打線は初回、2番土屋(4年/春日部)が四球により出塁した後、快足を飛ばし、2塁への盗塁を決めます。2死2塁とし、学芸打線の核、4番飯出(3年/野沢北)を迎えます。フルスイングした打球は左中間を破る2塁打となり、先制点の獲得に成功します。

(先制点を叩き出した4番飯出)

しかし2回、先頭打者に安打を許すと、先発邑澤の失策などで1死3塁とピンチを広げ、8番打者のスクイズで同点に追い付かれます。

5回表には1番大音(4年/春日部)の3塁打等で1点を勝ち越しますが、6回裏に本塁打を打たれ、試合は振り出しに戻ります。

7回表には5番杉高(4年/富山中部)の適時安打で再度の勝ち越しに成功しますが、その裏に連打で追い付かれるなど、一進一退の攻防が続きます。

(適時打を放った5番杉高)

延長に入り10回表、先頭打者の飯出に今季4本目となる本塁打が飛び出し、これが決勝点となります。
10回裏はエースの荻沢(3年/高岡)がマウンドに登り、打者3人、奪三振2つと完璧な内容で抑えます。

(試合の最後を締めた荻沢)

本日の試合は、点数を取った後にすぐさま追い付かれるなど苦しい展開の試合でした。しかし、その中で勝利を収めることが出来ました。来週に控えた入替戦も、どのような展開であったとしても勝利を掴みます。他チームより1試合でも多く試合を出来ることに喜びを感じて試合に臨みます。いつも応援して頂いている皆様のために勝利をお届けするので、応援のほど何卒宜しくお願い致します。

(4年/主務/渡部健太郎)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)