引退メッセージ ⑩渡部健太郎

こんばんは。
連日掲載しております、4年生の引退メッセージ、本日の更新です。
本日は、チームの為に動き、その身を捧げた最高の主務、渡部健太郎(秋田)です。
是非ご覧ください。

◯今シーズンのベストプレー
ベストプレーでは無いかも知れませんが、入替戦2戦目において、主将である土屋の送球エラーがあった後もチームが崩れなかったのが印象的でした。4年間で、大事な試合をエラーがきっかけで落としたのを何回も見てきました。ある意味で今季の強さを象徴するプレーであったと思ってます。

◯4年間で嬉しかったこと
一番嬉しかったのは最終シーズンでの一部昇格です。
また、練習を頑張っている選手が試合で良い結果を出したときも嬉しかったです。
後輩のマネージャーが日々成長していく様を見ることが出来たのも嬉しかったです。

○苦しかったこと
・マネージャーという職は、試合の勝ち負けに対し てプレーで直接貢献することが出来ません。チームが負けたときに何もすることができない自らの無力さを痛感したのが悔しかったです。

・どうしてもチームとして結果が残せていない中、チームやチームメイトについて罵倒されるのが苦しかったです。しかし、その中でも応援してくれる方々こそ大事にしなくてはならないのだと強く思いました。

◯自分がチームに貢献できたこと
選手が全力で野球に取り組めるように、安心感、安定感のあるマネージャーであろうと心がけました。

◯後輩に一言
4年間お世話になりました。自分達では分からない位のたくさんの方々に支えられて、このチームが存在しているということを頭の片隅にでも置いて頂けると幸いです。

○期待している後輩
加賀谷優斗
選手としても、人間としても深みのある4年生であることを期待しています。選手として結果を残すだけではなく、それ以外の面でもチームにとって良い影響を及ぼすことが出来る存在であると僕は思っています。これまでの野球人生をしっかりと振り返った上で、大学野球最後の一年に臨んでください。応援してます。

○学芸大野球部で良かったと思うこと
部員含め、たくさんの方々から頂いたご支援、ご声援のお陰で充実した4年間を送ることが出来ました。これは学芸大学硬式野球部であったからこそ得られた4年間であったと感じております。ありがとうございました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
明日で引退メッセージは最後の更新となります。
明日は、不撓不屈の精神でチームを導いたカリスマ学生コーチ、森田剛史(豊多摩)です。
よろしくお願いします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)