11/24(土)秋季OP戦 対明星大学

本日は明星大学とOP戦を行いました。4年生が引退し、新チームで戦う初めての試合であり、チームの現状や課題を知るという目的のもと臨みました。結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 000 020|2
明|000 005 00X|5

〈メンバー〉
1(二)酒井→小林丞(7裏)
2(左)三宅→(遊)石田(7裏)
3(右)丸山→(PH)中村(7表)→(右)古田(7裏)
4(捕→三)飯出
5(一)大野→伊戸(7裏)
6(指)小谷野→小林隆(7表)
7(三)西原→(捕)加賀谷(6裏)
8(遊)石塚→(PR→左)本木(7表→7裏)
9(中)富田→西澤(6裏)
投 邑澤→飯倉(6裏)→藏(6裏)

本日の先発邑澤(1年/山口)は、気合いのこもった球で危なげなくアウトを奪っていきます。四死球でランナーを出すもキャッチャー飯出(3年/野沢北)が自慢の肩で刺し、リーグ戦も戦ったバッテリーの安定感を見せつけます。邑澤は5回をヒット1本に抑える見事なピッチングで、先発としての務めを果たします。
対する攻撃はなかなか繋がりません。初回に1番酒井(2年/岐阜)がライト前ヒットで出塁しますが、それ以降相手ピッチャーに完璧に打ち取られ、三者凡退が続きます。無得点のまま6回表を終了します。
6回の裏、ピッチャーは飯倉(3年/市立浦和)に交代します。ヒットと死球でランナーを出し、1死1,2塁。続くバッターの打球はセカンドへ。ダブルプレーでチェンジかと思われましたが、ここでミスが出てしまいます。セカンドのエラーの間に2塁ランナーが還って1点を奪われてしまいます。さらに、ここから連続してヒットを許し、この回一挙5点を失ってしまいます。打者一巡の猛攻を浴び2アウト1,2塁となった場面で、ピッチャーは藏(3年/江戸川学園取手)に代わります。藏はレフトフライを打たせ3つ目のアウトを奪い、この回を終わらせます。
5点を追う展開となった学芸は、反撃のチャンスを狙います。飯出、小林隆(2年/松本深志)が四球で出塁すると、パスボールの間に進塁ます。加賀谷(3年/秋田)も冷静に四球を選んで2死満塁。バッターは代打本木(2年/成蹊)。良い当たりでしたが、ショートが飛びついてキャッチし3アウト。無得点に終わります。
ピッチャー藏は持ち前の打たせて取るピッチングで三者凡退に抑え、相手を寄せ付けません。良いリズムでアウトを重ね、学芸は8回の攻撃へ移ります。交代した相手ピッチャーが制球に苦しみ、先頭バッター西澤(1年/野沢北)、小林丞(3年/松山東)を四球で塁に出すと、石田(3年/小樽潮陵)は1球で巧みにバントを決め、1死2,3塁とします。続くバッターは古田(3年/大泉)。力強く振りぬいた打球はセンターの頭をゆうゆうと超えていきます。この間に2人が還って2点を返します。しかしこれ以降チャンスを活かし切ることができず、3点差が残ります。この回の裏、藏がなんと5球で3アウトを奪って良い形で最終回の攻撃に移りますが、学芸の攻撃は三者凡退で終了し、2‐5で明星大学の勝利となります。
本日の試合後のミーティングでは、打撃、守備、走塁、ベンチの雰囲気など、新チームの現状が様々な観点から話されました。特に打撃面が大きな課題とされ、自分が打ったボールがストライクだったのかきちんと振り返ること、変化球に対応できるだけの技術を身に着けることなどが求められました。明日は14時から東京経済大学をOP戦を行います。明日も応援のほど、よろしくお願い致します。

☆明日11/25(日)の試合
vs東京経済大学
PB14:00
@東京経済大学東村山キャンパス野球場

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)