11/25(日)秋季OP戦 対東京経済大学

こんにちは。本日の秋季OP戦、対東京経済大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|010  010 000|2
経|004 200 00×|6

〈メンバー〉
1.(4)酒井→(H→4)中村(8表→8裏)
2.(7)三宅→(H)大野(8表)→(7)丸山(8裏)
3.(5)小林丞→(H→5)小林隆(6表→6裏)
4.(2)飯出
5.(D)加賀谷
6.(9)古田→(H)小谷野(9表)→(R)柚木(9表)
7.(3)伊戸→(H→3)西原(7表→7裏)→(H)船場(9表)
8.(6)石塚→(6)瀬川(6裏)→(R→6)石田(8表→8裏)
9.(8)池田→(8)西澤(5裏)→(H→8)本木(8表→8裏)
投.加藤→河野(6裏)

東京学芸は初回、2番三宅(1年/金光学園)がライト線の痛烈な二塁打を放ちいきなりチャンスを迎えるものの得点はできません。
しかし続く2回、先頭打者加賀谷(3年/秋田)が四球を選び出塁します。その後一死二塁とすると、伊戸(1年/藤島)、石塚(2年/旭野)がセンター前ヒットを放ち、加賀谷が生還。先制に成功します。

本日の先発は加藤(1年/吉田)。落ち着いたピッチングで順調にアウトを重ねていきますが、3回、先頭打者を四球で出塁させると、続くバッターに三塁打を打たれ、あっという間に同点とされてしまいます。その後もホームランなどを打たれ、この回4失点。さらに、次の回にも長打などで2失点し、1-6とリードを大きく広げられてしまいます。

一方攻撃は、相手ピッチャーの好投を前に苦しい展開を強いられ、3.4回と三者凡退で抑えられます。続く5回、先頭打者は伊戸。その3球目でした。飛んでいったボールは大きな弧を描き見事センターの頭上、そしてフェンスを越えてホームランに。1点を返すことに成功します。
しかし、その後は得点を得ることはできません。8回には瀬川(1年/春日部共栄)が四球で出塁し、代打中村(3年/青森)のレフト前安打などで三塁まで到達するものの、ホームベースを踏むことはできません。

6回からは河野(1年/所沢北)がマウンドに上がります。秋のリーグ戦で見せた力強いピッチングは健在。3回を投げ被安打1奪三振4の好投で見事に無失点に抑えました。

本日の試合では、バッティングのレベルの向上、考えて野球をやること、チームの雰囲気など、多くの課題が挙げられていました。
来春は1部で戦うということで、この冬、チーム全体が大きくレベルアップできるよう精進して参ります。

いつも応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。これからも応援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)