2/24(日) オープン戦 対鶴見大学①

こんにちは。昨日行われました今春初のオープン戦、対鶴見大学の1試合目の試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 002 010|3
鶴|001 001 010|3

〈メンバー〉
1(中)三宅
2(二)酒井
3(右)丸山
4(捕)飯出
5(指)加賀谷
6(一)大野
7(三)西原→(三)小林(丞)(6裏)
8(左)本木→(PR→左)西澤(7表→7裏)
9(遊)石塚
投 荻沢→邑澤(4裏)→河野(6裏)→福島(8裏)

 

本試合の先発は荻沢(3年/高岡)。野手のエラーが重なり1失点してしまったものの、圧巻のピッチングをみせつけます。2回には二死三塁のピンチを迎えましたが、続くバッターのあわやタイムリーとなる打球を、ライトの丸山(2年/野沢北)が見事捕球し切り抜けます。
続く邑澤(1年/山口)も安定したピッチングで4、5回を無失点に抑えます。

荻沢(4年/高岡)

 

一方打線は、相手ピッチャーの力強い投球を前に苦しめられます。2回に新主将の4番飯出(3年/野沢北)のライト前への安打、大野(3年/高松第一)のライト方向への二塁打があったものの、得点に結びつけることはできません。

飯出(3年/野沢北)

3、4、5回と三者凡退で抑えられ、0-1で迎えた6回。9番石塚(2年/旭野)が相手のエラーを誘い出塁します。続く1番三宅(1年/金光学園)がレフトへの二塁打を放ち、一死二三塁と一気にチャンスを作り出します。その後、アウトを1つ取られ、二死二三塁で迎えたバッターは、先ほど守備でファインプレーをみせた丸山。見事センター前ヒットを打ち、その間に2人が生還。逆転に成功します。

丸山(2年/野沢北)

 

6回からは河野(1年/所沢北)がマウンドに上がります。順調にアウトを重ねていきますが、またしても野手のエラーがあり、1失点。試合は振り出しに戻ります。

 

7回には、大野(3年/高松第一)、小林(丞)(3年/松山東)、本木(3年/成蹊)の三者連続安打が飛び出したものの、得点につながることはありません。

1点が欲しい東京学芸は、8回、先頭打者の前の打席で二塁打を打った三宅が、またしてもライトオーバーの二塁打を放ちます。その後二死三塁となり、バッターは飯出に回ってきます。皆の期待に応えるライト前への適時打を放ち、1点を追加します。

三宅(1年/金光学園)

 

1点を勝ち越した東京学芸でしたが、8回から登板した福島(3年/蕨)が、立ち上がりに苦しみ1失点してしまいます。しかし、その後は圧巻のピッチングをみせ、同点で試合は終了いたしました。

福島(3年/蕨)

 

本日の試合では、試合の前準備が悪かったこと、失点につながるエラーが出てしまったことなどが反省としてあがっていました。
この先のオープン戦で本日上がった課題を克服し、来る春リーグに向けてチームのさらなるレベルアップを図っていきます。

ここから3月末まで多くのオープン戦を予定しております。お時間がございましたら、ぜひとも試合会場に足を運んでいただければ幸いです。
これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

(2年/マネージャー/村田奈央)

 

☆次の予定
【対戦日時】2/27(水)
【対戦相手】東洋学園大学
【試合会場】東洋学園大学南流山キャンパス野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)