2/24(日) オープン戦 対鶴見大学②

こんにちは。昨日行われました春季オープン戦、対鶴見大学の二試合目の結果をご報告致します。

〈スコア〉
鶴|000 200 100|3
学|002 000 100|3

〈メンバー〉
1.(4)中村→(4)渡部(裕)(7表)
2.(6)石田→(5)(8表)
3.(5)小林(隆)→(5)酒井(6表)→(PH)高澤(7裏)→(8)西澤(8表)
4.(3)伊戸→(2)小谷地(7表)
5.(DH)小谷野
6.(9)柚木
7.(7)石川→(7)埴田(6表)
8.(2)船場→(PH→3)渡部(雄)(6裏→7表)
9.(8)富田→(PH→6)瀬川(7裏→8表)
P.加藤→高木(3表)→飯倉(5表)→梅原(7表)→小林(徹)(9表)

試合は3回に動きます。この回先頭打者の富田(3年/大垣北)にセンター前ヒットが飛び出すと、続く中村(3年/青森)もライト前ヒット、さらに石田(3年/小樽潮陵)の巧妙な送りバントで1死2、3塁。加えて小林(隆)(2年/松本深志)が四球を選び満塁の場面。バッターはこの試合4番に座る伊戸(1年/藤島)。ライトに打ち上げた打球は犠牲フライには十分な飛距離でした。これで1点を先制します。さらに、続く小谷野(3年/日本大学第三)がセンター前に打球を運び1点を追加。スコアを2-0とし、試合をリードします。

しかしそれも束の間。4回表、先頭打者にヒットを許すと、続く打者に、初球をライトへのホームランとされ2-2。試合は振り出しに戻ります。

ここから試合はなかなか動かず、7回、相手の攻撃。連打を浴び1点を勝ち越されますが、野手陣が相手打者のゴロを華麗に捌き、4-6-3のダブルプレー。まずは守備で投手陣を助けます。

その回の裏、東京学芸の攻撃。先頭打者が四球で出塁すると、2番石田の打球はダブルプレーかと思われましたが、決死のヘッドスライディングでセーフをもぎ取ります。続くバッターは代打高澤(1年/春日部東)。ライトへきれいに打ち返し、ランナーを進めます。その後、相手守備の乱れの間に1点を奪取。スコアは3-3。均衡した展開が続きます。

石田(3年/小樽潮陵)

9回には、5番手ピッチャー小林(徹)(3年/宮崎大宮)が登板。先頭打者にヒットを浴びるなどしてピンチを背負いますが、最後には瀬川(1年/春日部共栄)、渡部(裕)(1年/会津)の1年生二遊間によるダブルプレーで3アウト。無失点に抑えます。

瀬川(1年/春日部共栄)

なんとか1点が欲しい東京学芸でしたが、9回裏は三者凡退。1試合目に続き、この試合も引き分けとなりました。

試合後のミーティングでは、ミスした後のプレーについてやベンチの指示の声などが課題としてあがりました。また相手チームの打撃や走塁から学んだことなどの確認も行われました。

本日の2試合が今季初のオープン戦となりました。両試合とも引き分けという結果になりましたが、久しぶりの対外試合ということもあり、多くの課題を見つけることができました。これから先もオープンが続きます。4月の春リーグに向け、チーム全体の技術を高め、「1部で勝てるチーム」を体現させようと思います。

トップページに春季オープン戦、春季リーグ戦の予定を公開致しました。ぜひご覧ください。また、お時間がございましたら、試合会場に足を運んでいただければ幸いです。
これからも応援よろしくお願い致します。

(1年/マネージャー/志太祥子)

☆次のオープン戦
【対戦相手】東洋学園大学
【試合日時】2/27(水) PB10:30
【試合会場】東洋学園大学南流山キャンパス野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)