3/19(火) オープン戦 対千葉大学

本日は千葉大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 000 0000
千|111 103 01X8

〈メンバー〉
1()池田→()石川(5)
2()柚木
3()伊戸
4()渡部()→飯倉(5)
5()本木
6()船場→高澤(4)→小谷地(7)
7(左→中)富田(5)
8()瀬川→石田(5)
9()渡部()
 投 藏→小林()(4)→浅野(7)→梅原(8)

 

先攻の東京学芸ですが、相手の左ピッチャーを前に全く手が出ません。追い込まれて三振という形が続き、攻めることができないまま、回が流れていきます。

東京学芸の本日の先発は藏(4/江戸川学園取手)。立ち上がりに苦しみ2失点。徐々に調子を取り戻したかと思われましたが、味方のエラーが続き、スコアは3回終了03となります。 

4回から登板した小林()(4/宮崎大宮)は、先頭バッターの打球の直撃に見舞われますが、それをものともせず、45回をエラーによる1失点にまとめます。しかし6回、四球で出塁を許すなどし、3点を失います。

7回、ピッチャーは、先日の試合でも素晴らしい投球をみせた浅野(3/立川国際中等教育)。打球を詰まらせ、三者凡退に仕留めます。

8回、ピッチャーは梅原(2/都立新宿)2人を三振に仕留め、順調に2アウトを奪います。しかし続くバッターを四球で出塁させると、ここで2塁打が出てしまいます。1点を奪われ0-8、東京学芸は最後の攻撃をむかえます。

9回はピッチャーフライ、セカンドフライであっという間に2アウトに。打順は途中出場の飯倉(4/市立浦和)に回ります。ここまで出たヒットは富田(4/大垣北)の内野安打1本という寂しい結果でしたが、ここで飯倉がレフト前ヒットを放って意地をみせます。しかしこれに続くことはできず、試合は0-8で終了し、千葉大学が勝利致しました。

本日の試合後のミーティングでは、相手ピッチャーを崩すことができなかったことや、ピッチャーの球数の多さについて話されました。明日は練習なので、見つかった課題の解決に努める一日にしたいと思います。今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

(3/マネージャー/新井)

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)