3/22(金) オープン戦 対横浜国立大学②

こんばんは。本日のオープン戦、対横浜国立大学の第二試合の試合結果をご報告致します。

 

〈スコア〉

学|010 000 000|1

横|024 000 000|6

 

〈メンバー〉

1.(二)中村→(PR→二)酒井(7表→7裏)

2.(三)小林(丞)→(PH)埴田(9表)

3.(捕)加賀谷→(遊)石塚(7裏)→(PH)柚木(9表)

4.(指)伊戸

5.(一)大野

6.(左)小谷野

7.(右)古田→(PH)本木(6表)

8.(中)西澤

9.(遊)石田→(PH→捕)船場(7表→7裏)

投.高木→加藤(4裏)→浅野(8裏)

 

試合は2回に動きます。先頭バッターは大野(新4年/高松第一)、その3球目。振りぬいた打球はセンターの頭上を悠々と越え、先制のソロホームランとなります。その後、古田(新4年/大泉)が相手のエラーで出塁、西澤(新2年/野沢北)のセンター前ヒット、石田(新4年/小樽潮陵)の四球で満塁を迎えますが、後続が続かずこの回の得点は1得点に留まります。

東京学芸大学、本日の先発は高木(新3年/開智)。2回、先頭バッターにヒットを浴びるとその後も相手打線がつながり2点を失ってしまいます。3回にも、相手の4連続安打などで4失点をしてしまいます。3回を終えてスコアは1-6。味方の反撃を待ちます。

7回。二死から中村(新4年/青森)が死球で出塁すると、小林(丞)(新4年/松山東)、加賀谷(新4年/秋田)も四球で続きます。満塁となりチャンスを迎えますが、またも後続が続かず無得点に終わります。

4回からマウンドに上がった加藤(新2年/吉田)はランナーを出すものの、落ち着いた投球で7回までを無失点に抑え、マウンドを降ります。その後、三番手として登板した浅野(新3年/立川国際中等)も相手打線を打ち取り、最終回、東京学芸の攻撃を迎えます。

9回表。なんとかして得点を奪いたい東京学芸。またも二死から、代打の埴田(新2年/小松)が四球で出塁すると、第一試合で2本のヒットを打った柚木(新2年/鶴丸)がセンター前ヒットで続きます。伊戸(新2年/藤島)も四球で続き、満塁。しかし、やはり後続が続かず、三死試合終了。スコアは1-6、第二試合も横浜国立大学の勝利でした。

試合後のミーティングでは、試合中の気持ちの持ちかたや打撃・内野守備の課題などについての話がありました。

春季オープン戦も終盤に差し掛かって参りました。これからも応援のほど、よろしくお願い致します。

 

☆次の試合

3/24(日)

【対戦相手】学習院大学

【対戦日時】12:30PB

【試合会場】学習院大学野球部グランド

 

【対戦相手】日本工業大学

【対戦日時】10:00PB

【試合会場】日本工業大学 宮代キャンパス


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)