3/31(日) オープン戦 対一橋大学

本日は一橋大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
一|000 110 022|6
学|100 000 301|5

〈メンバー〉
1(遊→三)小林(丞)(7表)
2(三)飯倉→(PH→二)渡部(裕)(6裏→7表)
3(指)小谷地
4(一)大野
5(中)古田
6(左→右)小谷野(7表)
7(捕)船場
8(右)柚木→(左)石川(7表)
9(二→遊)石田(7表)
投 藏→小林(徹)(4表)→浅野(6表)→梅原(8表)

本日の先発藏(新4年/江戸川学園取手)は初回、わずか10球で三死を奪い、相手打線の出鼻をくじきます。2回、四球を連発し満塁のピンチを作るも味方の好守備で無失点。3回は藏の打たせて取る投球がはまり、上位打線を三者凡退に仕留めます。藏は3回無失点被安打0で先発の役割を果たし、マウンドを小林(徹)(新4年/宮崎大宮)に託します。小林(徹)は4回、四球とライトの頭を超えるヒットとで1点を失い、なおも一死満塁のピンチを作ってしまいます。しかし続くバッターの打球をショート小林(丞)(新4年/松山東)とセカンド石田が華麗にさばき、ダブルプレーで三死。最少失点にとどめます。5回表、先頭バッターの打球はライトにぬっけるかと思われましたが、セカンド石田が飛びついて止めるファインプレーをみせます。圧倒的な守備力でチームを助けます。

東京学芸は初回先制点を奪います。振り逃げで小谷地(新2年/八戸)が出塁したところで、古田(新4年/大泉)が初球を打ちます。古田の打球はセンター前ヒットとなり、その間に小谷地が生還。1点を手にします。しかしそれ以降、相手ピッチャーにうまく打ち取られ、得点どころか、ヒットも出ません。5回、ついに逆転を許してしまいます。しかし6回7回を投げた浅野(新3年/立川国際中等教育)が2回無失点に抑え、1点ビハインドで7回の攻撃に臨みます。ここまでヒットは古田の2本と寂しい結果であった打線の空気を変えたのは、代打石川(新2年/北広島)。センター前ヒットで出塁します。相手のエラーや四球が続きこの回一挙3得点に成功します。

8回、ピッチャーは梅原(新2年/都立新宿)に代わります。ホームランと死球で出したランナーに生還され2点を失ってしまいます。しかしキャッチャー船場(新3年/八戸北)が盗塁を刺し、三死。梅原を助けます。9回、連続でヒットを浴びるなどし、またも2点を失い、6‐4。9回裏の攻撃での逆転を狙います。四球を選んだ小林(丞)が渡部(裕)(新2年/会津)のセンター前ヒットで進み、小谷地のショートゴロの間に生還します。1点を返し、6‐5としますが、反撃もここまで。一橋大学の勝利となります。

本日の試合後のミーティングでは、野手が声掛けや要所での好守備でピッチャーを助けられたことが良い点として、走塁や送球のミスが起こることが悪い点として話されました。今期のオープン戦は本日で終了、明々後日にはリーグ戦初戦です。1部のリーグ戦、チーム一丸となって戦ってまいります。本日は渡部(裕)のご家族から差し入れをいただきました。ありがとうございます。応援して下さっている皆様、ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

(新3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)