最後の春に向けて -愛すべき学芸大野球部- 中村港

新4年A類保健体育科の中村港です。

私は今の学芸大野球部が大好きです。
僕の大好きな同期や後輩、支えてくださるたくさんの方々がいるこのチームのために尽くしたいと考えています。

しかし、1.2年生の頃はこんな気持ちになれていませんでした。高校時代は2年生から中心選手で、チームも結果を残し、完全に天狗状態で入部した僕は、自分が活躍できれば喜び、結果が良くなければすぐに気持ちが折れ、チームの結果は気にしない、自分勝手な選手でした。大学2年の春からベンチ入りさせていただきながら、この気持ちで大会に臨んでいたことを恥ずかしく思います。

僕が変わったと思えたのは、3年生になってからです。3年生の秋のリーグ戦にて、僕は代打の準備はしていたものの、入れ替え戦での出番は無く、ベンチでひたすら大きい声を出したり盛り上げたりしていました。チームは2連勝し、1部復帰を果たします。前までならチームの結果の前に、出場できなかったことを悔やんでいたはずが、ベンチから誰よりも速くマウンドに駆け寄って勝利を喜んでいました。ふと我に返った時、僕は選手としてのハングリー精神がなくなってしまったのかと思ったのですが、自分自身の結果よりもチームのことが優先になったんだなと感じます。

なぜこう感じるようになったのか、それは1個上の方々が、後輩や出場機会の少ない選手でも意見を出し合えるような組織を作ったからです。プレー以外の部分でも貢献できていると感じるようになり、僕自身もチームを作っている1人だと自覚しました。選手として活躍することがチームのためだとしか考えられていなかった自分を変えることができました。

僕もこんな組織を作りたいと考えています。私は副キャプテンを務めさせていただいているので、組織づくりに直接関わっています。打撃、守備、走塁、データ、広報など、選手はいずれかの班に所属し、練習メニューや敵チーム分析、選手集めなど1人1人が仕事をしています。去年のチームを上回れるような風通しの良い、全員が組織の一員としての自覚のあるチームを作っていきます。それが勝利にも繋がっていくと思います。

新入生や現高校生のみんな、学芸大硬式野球部は楽しく、良いチームだから是非入部してね笑

残りの学生野球人生をこのチームのためにささげます!プレーはもちろん、それ以外の部分でもたくさん貢献していけるよう努力します!
応援よろしくお願いします!


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)