4/3(水) H31春季リーグ戦 対創価大学①

おはようございます。昨日行われました春季リーグ戦、対創価大学の試合結果をご報告いたします。

 

〈スコア〉
学|100 000 000|1
創|100 002 31×|7

〈メンバー〉
1(二)酒井
2(中)三宅
3(左)埴田→(左)本木(6裏)
4(捕)飯出
5(指)加賀谷→(PH→指)西原(8表→8裏)
6(一)伊戸→(PR→一)大野(8表→8裏)
7(三)渡部雄→(PH)小谷野(6表)→(三)小林丞(6裏)
8(遊)石塚→(PH)船場(9表)
9(右)富田→(PH)西澤(9表)
投 荻沢→邑澤(7裏)→河野(8裏)

 

1回表、東京学芸大学の攻撃、先頭打者は1番酒井(3年/岐阜)。その5球目でした。レフトへの痛烈な当たりは大きな弧描き、なんとフェンスを越える大飛球に。東京学芸のリーグ戦は先頭打者ホームランという鮮烈な幕開けとなります。

酒井

 

 

開幕初戦マウンドに上がったのは、大エース荻沢(4年/高岡)。
初回に1失点を許してしまうものの、昨季1部2位の創価大学に全く引けを取らない素晴らしいピッチングで順調にアウトを重ねていきます。
4回には、ショート石塚(3年/旭野)、セカンド酒井がダブルプレーをみせるなど、野手の好プレーも目立ち、5回までを1失点に抑えます。

荻沢

 

初回に1得点した東京学芸は、その後の回でも、優れた選球眼で四球を選んだり、相手のミスを見逃さずに塁を進めるなどしてチャンスをつくりましたが、あと一歩がなかなか出ず、得点につなげることができません。

 

両者譲らず同点で迎えた6回裏、安打と野手のエラーが重なってしまい、2失点を許してしまいます。

7回、8回と邑澤(2年/山口)、河野(2年/所沢北)がマウンドにあがるもの、相手打線の勢いを止めることはできません。

 

追加点がほしい東京学芸は、途中出場の本木(4年/成蹊)がセンター前ヒットで出塁に成功します。続くバッターは3回にヒットを打った主砲飯出(4年/野沢北)。この打席でも見事ライト前ヒットを放ち一死一二塁と得点のチャンスを迎えます。

飯出

しかし、反撃もここまで。終わってみれば1対7と、開幕初戦は大差で敗北を喫しました。

 

 

ミーティングでは、守備の基本の徹底することや、後半でも集中力を維持すること、チャンスでの一本を打てるようになることなどが課題としてあげられていました。

ついに春季リーグ戦が開幕致しました。黒星スタートとなってしまいましたが、この冬積み上げてきたものを発揮し、東京学芸の野球ができるよう、これからの試合に臨む所存です。

また、本日は飯出と石田(4年/小樽潮陵)のご家族から差し入れをいただきました。ありがとうございます。

応援してくださる皆様の期待に応えられるよう精進してまいります。お手すきの際はぜひ球場に足を運んでいただければ幸いです。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

☆次の試合
【対戦日時】4/4(木) 10:30PB
【対戦相手】創価大学
【試合会場】越谷市民球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)