4/14(日) H31春季リーグ戦 対共栄大学②

おはようございます。昨日の春季リーグ戦、対共栄大学の第2戦目の結果をご報告致します。

〈スコア〉
共|010 010 103|6
学|000 000 000|0

〈メンバー〉
1.(二)酒井
2.(中)三宅
3.(指)埴田→富田(8裏)
4.(捕)飯出
5.(左)本木→(遊)瀬川(8表)→(PH)加賀谷(8裏)→(遊)石田(9表)
6.(一)伊戸
7.(三)西原→(PH)中村(7裏)→(三)小林(丞)(8表)→(PH)大野(9裏)
8.(遊)石塚→(PH→左)西澤(7裏→8表)→(PH)西脇(9裏)→(PR)池田(9裏)
9.(右)市原
投.高木(4 2/3)→加藤(1 2/3)→邑澤(1 1/3)→福島(0 2/3)→河野(0 1/3)

本日の先発は高木(3年/開智)。初回、相手打線を三者凡退に抑え、チームを勢いづけます。

良いリズムで迎えた初回の攻撃。三宅(2年/金光学園)の内野ゴロ、さらに四球と相手のエラーで二死満塁のチャンスを作り出したものの、その後が続かず得点はなりません。

本日2安打の三宅

2回、先頭打者にヒットを浴びると、そのランナーを還され1点を失います。しかし最後の打者を空振り三振に仕留め、最少失点で抑えます。
その後、高木は4回と2/3を投げて1失点。後続にマウンドを託します。

高木

次に登板した、加藤(2年/吉田)は1失点。邑澤(2年/山口)は無失点に相手打線を抑えます。

対する攻撃は、ヒットや四球で出塁はするもののなかなか得点につなげることはできません。

9回、福島(4年/蕨)が登板しますが、相手のホームランなどで3点を失ってしまいます。

その裏、なんとしても得点したい東京学芸でしたが三者凡退で試合終了。2試合通して無得点に終わってしまいました。

試合後のミーティングでは、チャンスやピンチの時の対応や簡単に三振を取られてしまうことが課題としてあがりました。

また、本日は、部員の小谷野(4年/日本大学第三)、池田(4年/蕨)、西原(4年/町田)のご家族の方から差し入れを頂きました。ありがとうございます。

1週間の空きを挟んで、次戦となります。また、次戦のリーグ戦は集中応援試合となります。お時間がございましたら、ぜひ、会場へ足を運んでいただけると幸いです。

次のオープン戦
4/20(土)
【対戦相手】相模原クラブ
【対戦日時】17:00PB
【試合会場】横浜薬大スタジアム

次のリーグ戦
4/27(土)
【対戦相手】杏林大学
【対戦日時】15:00PB
【試合会場】岩槻川通公園野球場

(2年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)